FDAの新型コロナウイルスワクチン「承認」は偽りだった

FDAの新型コロナウイルスワクチン「承認」は偽りだった - 非実験的未承認物質(毒物)の非研究使用に基づく


捏造



このテーマについてはここに書きましたが、私たちはこの問題に関する研究を引き続きまとめています。以前からわかっていたように、「臨床試験」は見せかけであり、FDA からの BLA の承認も見せかけです。私たちは、薬事法やその他の関連法の変更からより確実な証拠をつなぎ合わせ、Poison-19 が「非研究、未承認」の製品、つまり違法薬物、毒物、武器であることを示すタイムラインをまとめることができました。国防総省主導の政府と製薬カルテルによって、州境を越えて国際的に密売されている。




製薬会社は、2020 年 4 月に治験新薬申請 (実験用生物製剤の臨床試験使用の免除) を開始することで、おそらく適切な BLA 経路を開始し、その後、2020 年 10 月までに EUA 対策経路に切り替えました。 EUA 経路は「非治験」です。つまり、FDA の臨床研究規制に従って臨床試験を行うことはできません。


ブルック・ジャクソンはファイザーの裁判における不正行為を観察し文書化したが、それはすべて不正行為だったからである。 FDA、製薬会社、司法省が全員この事件に関与し、司法省は訴追を拒否したが、その後トランカレ判事は不正行為の知識は争われていないものの、FDAの承認決定には重要ではないと判断して訴訟を棄却した。そのとおりです。詐欺は、細胞をトランスフェクションし、免疫システムを破壊するこの有毒な物質を何百万人もの人々に意図的に展開するこのキャンペーンの重要な部分であり、同意なしに違法な医学実験の何百万人もの被験者に「アクセス」することでした。この背後にいる犯罪者、米国防総省/国防総省/食品医薬品局/製薬会社は、世界中で何百万人もの人々を殺傷することを知っていましたが、まったく気にしていませんでした。彼らはそれを計画し、準備しました。


この詳細な概要は近々公開される予定です。









世界中からこんな動画が上がってるのにね!