ユーロ圏景気後退:国家と中央銀行は窮地に陥る

ユーロ圏では、急激な景気後退の兆候が増えている。先行指標と遅行指標は適切なイメージを描きません。しかし、緊迫した状況を考えると、経済危機は広範囲に影響を及ぼす可能性があります。国家と中央銀行は危機において自らの実力を証明する必要がある。

ユーロ景気後退


関連指標を信じるのであれば、ユーロ圏諸国は現在、深刻な経済低迷に向かっている。購買担当者指数やいわゆる「消費者信頼感」などの先行指標も、失業率などの遅行データも、どちらも前向きなイメージを描きません。
企業の警戒感は強まっており、


ユーロ圏の景況感は10月に悪化した。S&Pが第2回調査を終えて月曜日にロンドンで発表したところによると、S&Pグローバルの購買担当者指数は前月から0.7ポイント低下し46.5ポイントとなった。これは35カ月ぶりの低水準だ。


50ポイント未満は経済の縮小を示す。S&P はユーロ圏経済が景気後退領域に留まっただけではなく、通貨圏の結果についてコメントした。9月に比べて景気低迷は若干加速した。
ロイター通信は、S&Pグローバルのアナリストの発言として、「スペインを除いて、調査対象となった他のすべての国が危機に陥っている」と伝えた。ドイツとフランスでは経済力が急激に縮小し続け、イタリアでは生産量が1年前よりも大幅に減少した。経済発展に関するドイツ国民の雰囲気はここ半年よりも悪化している。


欧州中央銀行は、欧州経済低迷期を考慮し、2022年6月に始まった一連の主要利上げを保留した。先週の木曜日、同行の経営委員会は、現在の水準である4%を超えるさらなる利上げを行わないことを決定した。ECBは欧州の失業率が来年も上昇し続けると予想している。その理由は、高い主要金利が経済、特に融資に制限的な影響を及ぼしていることと、景気低迷が雇用喪失にますます反映されるという事実である。この不確実な見通しを考慮すると、中央銀行が近い将来に主要金利を再び引き上げる可能性は低い。それどころか、景気後退が広範囲に及ぶ場合には、さらなる金融緩和が議論される可能性が高い。今日、ヨーロッパおよび世界の状況は非常に困難であり、差し迫った不況を考慮して中央銀行はジレンマに直面しています。国家、企業、家計は過去数十年間に巨額の債務を負ってきましたが、これは人為的に生み出された現象です。 2008 年以降、金利の低下により中央銀行による政策は大幅に勢いを増しました。このような極端な負債額の制御不能な崩壊を防ぐためには、低金利が必要であり、負債が増加するにつれて金利は低下する傾向にあります。


しかし、持続する高インフレとその根底にある通貨供給余剰を削減するために、中央銀行は主要金利を引き上げ、金融政策の買い入れなどの拡張的金融政策の手段を大幅に削減する必要に迫られている。国債。つまり、多くの国の中央銀行、そしてECBは現在、債務塔の崩壊とそれに伴う制御不能な実体経済調整(経済危機)か、制御不能な貨幣価値の切り下げかの選択を迫られている(ハイパーインフレ)、拡張的な金融政策への回帰の結果として、新たなマネーの洪水が起こる。金融弾圧が目前に迫っている?経済学者で金融市場の専門家であるダニエル・ステルター氏は、米国と欧州の巨額の債務に加え、ウクライナやガザ地区での戦争、大量の移民流入などの高額な地政学的な課題を考慮して、各国は非常に制限的な措置をとるだろうと予想している。対策。ステルター氏は自身のブログ「Beyond The Obvious」で、「増税、社会保障の減少、消費の減少が経済を形作るだろう」と書いている。しかし、多額の借金を考えると、それだけでは十分ではないかもしれません