がん治療における イベルメクチン の使用を支持する研究

腫瘍学者:「現在、がん治療におけるイベルメクチンの使用を支持する広範な研究が行われています」

かつて「馬の駆虫薬」と名付けられていたイベルメクチンは、現在では15種類の抗がん作用機序を示しているとウィリアム・マキス博士が最近の記事で報告した。


「彼ら[研究者]は、新型コロナウイルス感染症に使用されている量よりも高用量のイベルメクチンを投与すると、実際にこれらのがん細胞の増殖を止め、転移を止め、実際にアポトーシスとオートファジーを引き起こすことができることを発見しました」そしてこれらのがん細胞を殺します。」腫瘍学者:「現在、がん治療におけるイベルメクチンの使用を支持する広範な研究が行われています」


かつて「馬の駆虫薬」と名付けられていたイベルメクチンは、現在では15種類の抗がん作用機序を示しているとウィリアム・マキス博士が最近の記事で報告した。


「彼ら[研究者]は、新型コロナウイルス感染症に使用されている量よりも高用量のイベルメクチンを投与すると、実際にこれらのがん細胞の増殖を止め、転移を止め、実際にアポトーシスとオートファジーを引き起こすことができることを発見しました」そしてこれらのがん細胞を殺します。」


癌幹様細胞の阻害剤としてのイベルメクチン
Ivermectin as an inhibitor of cancer stem‑like cells


興和、「イベルメクチン」のオミクロン株への抗ウイルス効果を確認

[東京 31日 ロイター] - 興和(名古屋市)は31日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として第3相臨床試験を行っている「イベルメクチン」について、北里大学との共同研究(非臨床試験)から、オミクロン株に対しても、デルタ株などの既存の変異株と同等の抗ウイルス効果があることを確認したと発表した。


「イベルメクチン」は、2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した北里大学の大村智特別栄誉教授の研究を基に開発された飲み薬。寄生虫感染症治療薬として、アフリカ諸国を中心に使われている。現在、新型コロナ治療薬として臨床試験を行っている。



抗寄生虫薬イベルメクチンは強力な効果を発揮します...
https://ar.iiarjournals.org/content/anticanres/39/9/4837.full.pdf


抗寄生虫薬イベルメクチンは、lncRNA-EIF4A3-mRNA 軸を制御することで卵巣がんを抑制できる
https://link.springer.com/article/10.1007/s13167-020-00209-y


イベルメクチンで結腸がんを克服 | コラムニスト