携帯電話への曝露による脳への影響。放射線の影響が判明

府車線


携帯電話やその他の無線機器から放出される無線周波数放射線による健康と幸福へのリスク ゲイリー・G・コールズ博士



Cell Phone Exposure Effects on Brain; New Study Shows Impact of Radiation


• マイクロ波放射は目の損傷を引き起こす - バイオエレクトロマグネティクス誌に掲載された研究によると、携帯電話からのマイクロ波放射は目の水晶体に小さな空気の袋を作り、白内障やその他の目の損傷を引き起こすことが示されています。


• マイクロ波放射は DNA を損傷する - 欧州連合 (EU) の 7 か国 12 の研究グループによる 4 年間にわたる研究で、携帯電話からの放射が体細胞を害し、DNA を損傷することが判明しました。損傷した DNA はその後の世代の細胞に受け継がれ、がんの発症の前 提条件となります。


• 携帯電話の使用は腫瘍を引き起こす - スウェーデンのストックホルムにあるカロリンスカ研究所の環境医学研究所の研究チームは、携帯電話を最も頻繁に持つ側頭部に聴神経腫瘍と呼ばれる腫瘍がほぼ 4 倍増加していることを発見しました。世界保健機関の認可を受けた最近の研究では、携帯電話を 10 年以上使用している人の脳腫瘍リスクが上昇していることがわかりました。


• 携帯電話の使用は子供の脳に悪影響を及ぼす - スペインのマルベーリャにある神経診断研究所の研究によると、携帯電話を 2 分間使用すると、使用終了後も最大 1 時間、子供の脳機能が損なわれることが判明しました。脳機能の異常は、精神疾患や行動障害を引き起こし、学習能力を低下させる可能性があります。


• 携帯電話の使用は女性の不妊症の原因となり、先天異常や胎児の成長障害の原因となる可能性があります。スイスの研究者が18歳から25歳までの女性1万人以上を対象に行った調査で、以前の動物実験の結果が確認されました。


• 携帯電話の使用は男性の生殖能力を低下させます - 研究によると、携帯電話の使用は精子の数を減らし、生き残った精子にダメージを与えることが分かっています。


• マイクロ波放射は脳損傷を引き起こす - スウェーデンのルンド大学脳神経外科の Leif Salford 氏が主導し、Environmental Health Perspectives に発表された研究では、携帯電話の使用が脳の神経細胞に損傷を与えることが示されています。


• 頭部は放射線を吸収する - 携帯電話の使用によって引き起こされる頭痛、吐き気、めまい、短期記憶障害、疲労、その他の病気は、脳の低レベルの加熱によるものではなく、頭部が「アンテナ」として機能し、脳組織が無線受信機として機能することによって引き起こされるようだ、とエルサレムの 2 人の研究者は述べています。


• 携帯電話の信号が脳の活動に影響 - Journal of Sleep Research (Blackwell Publishing) に報告された研究によると、GSM 携帯電話から放出される電磁場などに 30 分間さらされると、脳の活動に変化が生じ、その後も長く続くことが分かりました。チューリッヒ大学およびチューリッヒ ITIS の Peter Achermann 博士とその同僚は、携帯電話に最も近い側の脳の領域で血流が増加し、この影響はさらされた後 30 分以上持続することを発見しました。また、脳の電気的活動 (「脳波」) はさらされた直後だけでなく、翌日の睡眠の大部分にも影響が及んでいることも判明しました。


• 携帯電話の電波がガンの進行を早める - 「イタリアの科学者らは、携帯電話の使用の安全性について新たな健康上の懸念を提起した。研究によると、携帯電話から発せられる電波がガン細胞の進行を早めるという」ロイター、2002年10月23日


• https://www.youtube.com/watch?v=QoUrxkfU-Qs


https://t.me/thefinalwakeupcallchannel/15360


Join dg_h2.t.me


無線機器から放出される無線周波数放射線による健康 | テレグラムニュース速報