水彩画のSEO タイトル タグ参考事例

タイトルは目次となり重要な要素です。水彩画h2 タイトルに対してh3 タイトルで説明をする

【もくじ】


  • 水彩画のSEO タイトル タグの正しい使い方
  • h2 大見出しに対してh3 中見出しで水彩画の説明を繰り返す
  • h2タイトル 二番目の大見出し【有名な水彩画をご紹介】
  • h2タイトル 三番目の大見出し【おススメの水彩絵の具】
  • h2 まとめ



  • 水彩画のSEO

    水彩画のSEO タイトル タグの正しい使い方

    < h1 >ページのタイトル< /h1 >
    < h2 >1. 最初の大見出し< /h2 >
    < h3 >1-1. 中見出し< /h3 >
    < h3 >1-2. 中見出し< /h3 >
    < h3 >1-3. 中見出し< /h3 >
    < h2 >2. 二番目の大見出し< /h2 >
    < h3 >2-1. 中見出し< /h3 >
    < h3 >2-2. 中見出し< /h3 >
    < h2 >3. 三番目の大見出し< /h2 >
    < h2 >まとめ< /h2 >


    h2 タイトルにはキーワード 水彩画 を意識的に入れる
    h3 タイトルで h2 タイトル水彩画を説明

    h2 大見出しに対してh3 中見出しで水彩画の説明を繰り返す

    h2 大見出し タイトルには全て重要なキーワード【水彩画】が入れてあります
    < h2 >№⓵№⓶№③


    h2 タイトル h3 中見出し水彩画を説明
    < h3 >1-1. 中見出し< /h3 >
    < h3 >1-2. 中見出し< /h3 >
    < h3 >1-3. 中見出し< /h3 >


    h2タイトル  二番目の大見出し【有名な水彩画をご紹介】

    < h3 >2-1. 中見出し< /h3 >
    < h3 >2-2. 中見出し< /h3 >
    < h3 >2-3. 中見出し< /h3 >

    < p >< /p >中見出しの下はpタグで 有名な水彩画を説明をして掘り下げる
    pは普通の文字です


    自分が検索をする時に寄り一層詳しく説明が書かれているブログを見ませんか?

    自分でしたら簡単な水彩画の説明よりも詳しく書かれている記事を探します
    水彩画の説明に文字数が少ないと、すっ飛ばされる記事になります
    モバイルだと特にすっ飛ばします
    水彩画の画像を見て終わってしまう滞在時間が無くなります


    水彩画の画像だけでは駄目ですね
    しっかりとした水彩画の画像に対しての説明が必要です


    美術館に行かれても詳しく水彩画の説明文がされています


    勘違いをしてしまうのは
    ほとんど画像だけを出して説明文が不足
    ナイスやいいね!がやたら多く
    自己満足に落ちてしまい
    これで良いと思い込んでしまうこと



    良い記事に出会ったらブックマークされSNSなどにシェアされます

    お気に入りのブログとして保存され
    ダイレクトのアクセスなどになり
    ソーシャルメディアなどに紹介されます
    ご自分のブログが黙っていてもシェアされることは凄いことです


    シェアされる、すると自然とアクセスは増えます
    品質の高いページになります
    ブログにアクセスされたユーザーに
    シェアされるまでブログ記事を頑張ることです
    シェアをお願いしていたら評価にはなりません


    h2タイトル 三番目の大見出し【おススメの水彩絵の具】

    数種類の水彩画の具画像で紹介


    それぞれの画像水彩画の具pタグで商品説明をする


    h2 まとめ

    pタグで簡素に水彩画についてまとめる
    これはタイトルタグの使い方の参考事例です


    ブログの書き方の手法
    キーワードは水彩画で無くとも同じです


    常にこれを繰り返すと検索エンジンに高く評価される訳です
    自然と文字数は多くなります


    最後になりますが長文の場合は目次を作ります
    ムラゴンでは自動で目次は出ません
    自分で作ります。
    目次ぐらいはネットで調べれば作れますよね


    ブログ収益化
    商品を売るにも検索エンジンに高く評価されないと売れません
    ブログの品質を高める
    アフィリエイトやアドセンスでも同じ事です


    水彩画とは何?使われる絵の具から有名な水彩作品まで解説します! | 岡部遼太郎公式ホームページ【アクリルラボ】



    タイトル画像の編集と タイトルh1は、もっとも重要 - ムラゴン ブログ 始め TOKYO!


  • 戻る