タイトル画像の編集と タイトルh1は、もっとも重要

h1タグとは?正しい使い方とSEOに理想的な設定方法

タイトル画像

h1タグとは、ページの見出しを表す「hタグ」の中で最も上位のタグです。

ページの最初に一番大きな文字で配置され、ページタイトルの意味
h1は最上位の見出しであり、ユーザーと検索エンジンが「ページに何が書かれているか」を把握するために最も重要なテキストと言える。


つまり、自分のお気に入りとかでは無く
ユーザーが検索エンジンで何を検索をするのか?を考え工夫をする。
日本人でしたら、まず第一に日本語で検索をします。
h1タイトルは日本語が良いです。
画像はいくらでも加工できます。フォントを選びお気に入りの英文字を入れても構いません



👇これがとても重要 タイトルタグを正しく使用、キーワードを意識
< h1 >ページのタイトル< /h1 >
< h2 >1. 最初の大見出し< /h2 >
< h3 >1-1. 中見出し< /h3 >
< h3 >1-2. 中見出し< /h3 >
< h3 >1-3. 中見出し< /h3 >
< h2 >2. 二番目の大見出し< /h2 >
< h3 >2-1. 中見出し< /h3 >
< h3 >2-2. 中見出し< /h3 >
< h2 >3. 三番目の大見出し< /h2 >
< h2 >まとめ< /h2 >

これを少しでも理解をすると良いです
効果的なタグの使い方はブログのスタートの時点から始まっています
日本人はあまりブログの書き方を知りません


メタディスクリプションの最適な文字数は70~85文字

メタディスクリプションタグに設定した文章は検索結果に表示される際にGoogleによって文字数の制限を受けます。 検索結果にはPCデバイス・スマホデバイス共に70文字~85文字表示され、それを超えた分の文章はGoogle側の判断で途中で切り詰められて表示されません


meta name="description" contentにはタイトルに対しての説明を書きます
文字数は70文字~85文字程度ですから
限界まで使って重要なキーワードを入れましょう。
【】は勿体ないです。


< title>YOSHIKO TAKATSUKA 魔法の筆< /title>
< meta name="description" content="【テキスタイルデザイナーを経て 現在は水彩画を 主にイラストの仕事をしています】">


現在キーワードはタイトルに1個~2個(魔法・筆)
説明には3個(デザイナー・水彩画・イラスト)


グーグルのロボットに読み込ませている目的のキーワード