コカ・コーラとペプシ・コーラに含まれる蛍光性ナノ粒子

コカ・コーラとペプシ・コーラに含まれる蛍光性ナノ粒子:物理化学的特性、細胞毒性、生体内分布および消化試験

ナノ粒子



要旨
食品由来のナノ粒子(NPs)は、ヒトの健康への懸念から大きな注目を集めている。本研究では、最も人気のある2種類の飲料、コカコーラ(Coke)とペプシコーラ(Pepsi)において、約5nmの蛍光NPの存在を検出したことを報告する。


このNPはH、C、Oの3つの元素を含み、発光が調整可能で、量子収率はコークで3.3%、ペプシで4.3%であった。アルコールとエーテル結合のsp3ハイブリッド化炭素原子の存在は、NMR分析によって確認された。


NPは生きた細胞に取り込まれ、細胞膜や細胞質内に蓄積することができる。NPの急性毒性を評価した結果、BALB/cマウスは2g kg-1体重の単回投与後、健康であることが判明した。



グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ(GPT)、グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ(GOT)、尿素およびクレアチニンを分析した結果、試験群と対照群の間で、これらの生化学的パラメーターのいくつかに、統計学的な有意差はあったが、生物学的な有意差はなかった。被検マウスに明らかな臓器障害や明らかな病理組織学的異常は認められなかった。主要臓器における生体内分布試験では、NPは消化管に容易に蓄積され、血液脳関門を通過して脳に分散することが示された。



In vitroでのNPの消化では、NPの顕著な蛍光消光が認められた。この研究は、コーラやペプシに含まれる食品由来の蛍光性NPsに関する初めての報告であり、これらのNPsの物理化学的特性とin vitroおよびin vivoにおける毒性特性に関する貴重な知見を提供するものである。