電波は4Gから5Gへ強くなり 携帯のイヤホンは無線なぜ?

Bluetoothは外部機器を無線で繋ぐため10m程度の短距離の微弱な電波です。現在は変わり2300m 2.3キロも!



Bluetoothとは、無線通信技術のひとつです。Wi-Fi は、インターネット接続に特化している

Bluetoothとは、10m程度の短距離の通信規格で、主にスマホの周辺機器を無線で繋ぐ技術として使われています。 具体的には無線イヤホンやスピーカー、マウスやキーボードといった個別機器とのワイヤレスでの接続に使われています。


Bluetooth が機器同士を接続するのに対し Wi-Fi は、インターネット接続に特化している通信規格です。 端末(スマートフォンなど)を Wi-Fi で接続することで、モバイルデータ通信が届かない範囲でも、インターネットやメールなどを利用することができます。


Bluetoothが登場した時は、微弱な電波で〜なんて言葉が踊ってましたが、2300mってさ(笑)2.3キロだよ(笑)


これって電波強いよね(笑)


Bluetooth イヤホン

Bluetooth イヤホン

Bluetooth イヤホンと脳

脳

電波を受けた脳は熱くなっています

熱くなっています


携帯のイヤホンの穴は無い
有線では繋げなくなりました。一体なぜなのでしょうか?
あると便利な穴なのですけどね
Bluetooth のイヤホンやヘッドホン買わないとならない。
そんな点でもわかりますよね疑わしいのです😎


見えない電波による振動が熱を生み出す

この電波の周波数2,450メガヘルツ(MHz)。 1秒間に24億5千万回も振動(プラス、マイナスの極が交替)する性質があります。 電波は食品に含まれている水の分子など振動させて食品全体をあたためます。 こうして電波のエネルギーは効率よく熱エネルギーにかわります。


電波の振動を活用したのが電子レンジです
電子レンジは戦争の兵器でした。軍事レーダーから生まれた「電子レンジ」


Bluetooth は安全ですか?放射線懸念


Bluetooth は電話と同じようにエネルギーを放出するため、放射線源でもあります。この放射線は特に電磁放射線 (EMR)と呼ばれます。
原子の電荷を変化させることにより、イオン化 EMR は特定の物体または物質の原子構造を完全に変えることができます。たとえば、体内を通過する高レベルの電離 EMR は、最終的にがんを引き起こすほど細胞構造を変化させる可能性があります。


非電離EMR
これらは、より長い波長とより低い周波数の放射線であり、通常はスペクトルの左側に見られます。イオン化EMRとは異なり、非イオン化EMRには原子をイオン化してその電荷を変化させるのに十分なエネルギーがありません。


👆しかし長時間の使用継続されると安全とは言えなくなるのでは?
Bluetoothにはオン・オフのスイッチがあります、
スイッチを切り忘れると継続になるので要注意


Bluetooth人体への影響

丁度危険との狭間に居るのでは無いでしょうか?
Bluetoothを使用したから直ぐに人体に影響が出てしまうと大きな問題にもなります
きっと5Gも同じでしょうね。


わからない程度に危険が忍び寄る。
使用時間が長ければ病気にもなる
病気になれば原因は因果関係はありませんの世界に突入
ワク珍と同じ様なものと思えば良いですよ


医者がレントゲン撮影の時に放射線ガードを着用しています
携帯の電磁放射線 (EMR)には放射線ガードは必要無いのか?
使用時間にもよると思います


電磁放射線 (EMR) MRIや衣類について考える
電磁波を吸収するヒートテック等の衣類は化学繊維で作られる
なぜヒートテック等の機能性肌着はダメなのですか? MRIでは、湿った衣服は火傷を誘因するリスクの一つとなります。 ヒートテックに限らず、体を暖かくするような類似製品は高い保温性と吸水性があります。 MRI検査で使用されるRFパルスにより体温が上昇することがあります


家でBluetoothやWi-Fiの電磁放射線 (EMR) と機能性肌着を利用すると
癌になる可能性が高くなると思いませんか


日本人でテストしているのかも知れません
中国の1円のスマホを良く見るとヒントがたくさん隠されています
専門知識が少しある人が見れば、なぜ1円なのかがわかると思います


もちろん日常は1円スマホは使わない方が良いです
電話は家の電話が一番安心




まとめ

無線技術は強くなるばかり
Bluetoothの使用健康への影響は使用時間にもよる
電磁放射線で癌になっても因果関係は無い
家の電話が一番安心