ムラゴン ブログ 始め TOKYO!

2024 みんなおいでよ ムラゴン ブログへ! 日本人のための新しい日本を作ろう


仲間のフリをする 九条の会・幸福の科学・参政党には要注意!文春。。。ヤバ過ぎではないかしら😱今迄 気付か無かった!調べ無かったが正しいかしら💦庭野日敬(にわのにっきょう)、長沼妙佼(ながぬまみょうこう)によって創立された在家仏教団【法華経】😱😱でしたわ。/////// 労働者不足と言うのはウソです。ハローワークは行列

牛肉会社のCEOが大手製薬会社に立ち向かう

牛肉会社のCEOが大手製薬会社に立ち向かう:「mRNAを注入した肉を1袋出荷する前に会社を閉鎖する」

牛肉


大手製薬会社とさまざまな州政府は、迅速かつ静かに、肉牛や乳牛にmRNA「ワクチン」を注射する取り組みを進めている。この慣行は2018年から豚肉で行われており、次に牛肉が議題となる。
Whole Cowsの CEO であるジェイソン・ネルソン氏は、この動向を注意深く見守っています。彼のテキサス州の会社は、長期保存用の常温保存可能なフリーズドライ肉を専門に扱っており、遺伝子治療を受けた牛が自社の製品を通じて食品供給に入るのを決して許さないと誓っている(さらに、このリンクを通じて同社から購入すると、Gateway Pundit の特典が得られる)および以下のリンク)。
「mRNAを注入した肉を一袋出荷する前に会社を閉める」と彼は言った。「だからこそ、大量生産に必要な購買力を獲得できるよう、私たちはできるだけ早く成長しているのです。現在は比較的小規模ですが、2024 年までに数万袋の牛肉を余らせたいと考えています。」


ジョセフ・マーコラ博士は、生涯を通じて自然食品を強く支持しており、アメリカの食糧供給に対する脅威が増大するリスクについて警鐘を鳴らしている。彼は最近次のように述べています。

今後、食料供給に何が起こっているかを把握し続けることが非常に重要になります。私たちの多くは、mRNA ショットがすでに数年前からブタに使用されていることを知って驚きました。間もなく、牛もこれらのカスタマイズ可能なmRNAショットを受ける可能性があり、牛肉と乳製品の両方に影響を与える可能性があります。


現時点では、豚肉製品を避けることを強くお勧めします。これらの未検証のmRNA「ワクチン」をめぐる不確実性に加えて、豚肉には、慢性疾患を引き起こす有害なオメガ6脂肪であるリノール酸も非常に多く含まれています。できれば牧場経営者が、この mRNA プラットフォームが収益にもたらす危険性を認識し、これを拒否してくれることを願っています。そうしないと、「遺伝子治療」されていない牛肉や乳製品を見つけるのが非常に困難になる可能性があります。


結局のところ、私たちが自由になりたいのであれば、そして食品の安全性と食料安全保障を望むのであれば、持続可能な方法で本物の食料を栽培し、その食料を地元に流通させる農家とコミュニティを結び付ける分散型システムの構築に努力を集中しなければなりません。
ネルソン氏も同意し、それが彼の会社が現在地元テキサスの牧場主とのみ協力している理由です。この計画は、テキサス州よりも牛が長期間保護される可能性が高いユタ州やアイダホ州にも拡大する予定だ。


「業界が牛にmRNA注射を採用し始めると、それはすぐに行われ、人々は警告されないでしょう」と彼は言いました。「私たちは常に状況を把握し、必要に応じて安全な避難場所にジャンプできるように機敏な姿勢を保っています。テキサスは今日安全ですが、どこにでもリスクはあります。」


Whole Cows では、牛一頭から取り出した真空調理のフリーズドライビーフキューブを提供しています。リブアイキューブ、ニューヨークストリップキューブ、テンダーロインキューブ、プレミアムビーフキューブを販売しています。





牛丼チェーンには行くな!アメリカ産牛肉は発がん性リスク