火山噴火 大洪水 避難命令 大災害から見えて来るもの

今日、アイスランドの沿岸警備隊の船は、他のすべての船や漁船とともに、過去3週間にわたって地震が続いているグリンダヴィーク地域から出航した。


町は先週避難しており、今後2週間は閉鎖される。 
すべてのペットは救出されました。 他に奇妙なことは、人々は家が空であることを知らせるメモを窓に置いたことです...非常に奇妙です。


レイキャビクル空港はプライベートジェットが使用していたので、大規模な人身売買が行われていたに違いありません。 そして、彼らにサービスを提供した人たちは、民間の空港エリアに宗教団体を持っていて(それは合法ではありませんでした)、二人ともペドでしたし、今もペドです...



アイスランドの火山噴火の危険性は、地震活動の減少にもかかわらず依然として高い

当局は溶けた岩が表面に浮上し、海岸沿いの町グリンダヴィークと発電所を襲うのではないかと懸念し、約4,000人が避難した。




2023年青島水産・水産物博覧会で中国に魚介類を輸出する#Icelandic 🇮🇸企業🇨🇳の展示ブースを訪問


爆弾!米軍、CIA、民間請負業者、国連の倒錯が性的人身売買ネットワークを推進


終わりがないように見えるが、米軍内の小児性愛は絶えず再浮上し続けている。元海軍諜報員ウェイン・マドセンは、極東各地のCIAと米国国務省の大使館が、訪問した米国要人の小児性愛者に奉仕し、米国の外交的変態者を接待していたアジア人の子供たちへのあからさまな虐待を暴露したことに加え、海軍情報官の同僚の広大なネットワークも暴露した。1980年代には、サンフランシスコ、オレゴン州からシカゴ、ワシントンD.C.に至るまで、アメリカ全土で児童ポルノ組織を運営していたが、それをジョン・リーマン海軍長官が隠蔽した。


この海軍の小児犯罪作戦は、副大統領兼大統領としてのジョージ・H・W・ブッシュの監視下で行われた。。。

爆弾!性的人身売買ネットワークを推進する米軍、CIA、民間請負業者、国連のさらなる倒錯



アイスランドの人身売買


報告書によると、最近の組織犯罪の増加と、組織犯罪と組織的人身売買との関連が指摘されています。組織犯罪に関する2021年の警察報告書は、アイスランドの人身売買に対する懸念を引き起こし、中東と南東ヨーロッパの国民が性的人身売買で犯罪組織を運営していると示唆している。

2023 年人身売買レポート: アイスランド


アイスランドはあまりニュースにもならないが、アイスランドにこの惑星を支配するフリーメイソンが居るんだね。
👇


ここで世界の大災害を振り返るとサウジアラビアの大洪水。インドネシアの大洪水、必ず行方不明者が出る。


ハワイのマウイでも大火災から避難命令


米マウイ島火災、
1300人が行方不明



東日本大震災の行方不明者数は2023年に何人ですか?
東日本大震災では2023年3月1日時点で2523人が行方不明のままだ。


気象兵器や指向性エネルギーを使用し大災害
避難命令から行方不明者
世界各国の富豪層のビジネス成立だとしたら政府の役人だね


トランプは全てを知っているから邪魔をする


ゼレンスキーのおかげで多くのユダヤ人が亡くなった
ゴムバイデンのおかげで悪事がバレる。
そう考えればバイデンやゼレンスキーは仲間だとも言える


ゼレンスキーの顔は違う気もする。いつまでも殺されない訳

ゼレンスキー