ムラゴン ブログ 始め TOKYO!

2024 みんなおいでよ ムラゴン ブログへ! 日本人のための新しい日本を作ろう

プーチン大統領、ロシア全土で5Gを禁止

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、この技術が医学的に安全でなく、サンクトペテルブルク近郊で学童の死亡事故を引き起こしたという懸念の中、ロシア連邦内の5Gタワーを禁止した。

5g


5Gの悪影響をめぐる議論は今に始まったことではない。10年以上前から、オルタナティブメディアは、テクノロジーと免疫抑制性疾患やウイルス複製を含む無数の健康問題との関連性を指摘してきた。しかし、既存の5Gスーパータワーを解体するというプーチンの公約は、電磁波の危険性が陰謀よりも事実に根ざしていることを示している。


米国や西側諸国とは異なり、クアルコムとモバイル・エコシステムが開発した技術が2015年に利用可能になったとき、ロシアは一夜にしてタワーを建て始めたわけではない。それ以来、アメリカの通信会社は15万ものタワーを建設しているが、それに比べてロシアはモスクワを中心に22本しかなかった。


プランデミックの間、学校が閉鎖されたため、米国の携帯電話会社は全国の小学校から目と鼻の先にあるタワーの建設を加速させた。学校が再開されると、生徒たちは突然、地平線や学校の屋上に広がる5Gアンテナを目にした。


ロシアの4大携帯通信事業者MTS、メガフォン、ロステルコム、ヴィンペル通信公社合弁株のうち、MTSだけが2021年に5Gの限定的な展開を開始し、ロシアで最も人口の多いモスクワ、サンクトペテルブルク、ノヴォシビルスクにタワーを設置し、サンクトペテルブルク郊外の小学校の運動場から15メートルのところに1本のタワーを設置した。


2023年4月、16人の生徒が、ウラジーミル・プーチンが電磁波中毒と呼ぶ深刻な副作用を経験した。初期症状には、自然嘔吐、めまい、耳鳴り、耐え難い頭痛、腹部の炎症などがあった。その後の症状は、消化管出血、脳出血、眼神経の崩壊による失明であった。罹患した子供たちは8歳から12歳で、同じ学期に学校に通っていた。さらに、病気の子供たちはワクチン未接種であったため、ロシア保健省の保健当局はCovid-19ワクチンの副作用を否定した。包括的な血液検査と放射線画像検査によって、持病、食品由来の病気、薬物、生物化学物質が除外された。2023年6月6日までに、16人の生徒のうち11人が死亡した。


ミハイル・ムラシコ保健相は国防省の協力を得て、セルタワーから発せられる送信周波数を評価するよう検査チームに命じた。オバマ前大統領のFCC長官トム・ウィーラーは2016年、「5Gは人間、野生生物、ペットに何の脅威も与えないる。5Gの安全性を疑う者は、根拠のない陰謀を推進している」と述べている。


しかし、プーチンは、2023年の死亡事故は5Gのロシア国内への侵入という共通項に起因するとしている。


7月中旬、ロシア大統領は5G技術の普及に内在する危険性について議論するため、多くの通信会社幹部や健康専門家と会談した。彼は子供たちの死体の画像を見せた。そして、5G研究の停止とロシア連邦内のすべての電波塔の取り壊しを行う意向を伝えた。


彼の命令はテレコムの幹部には受け入れられなかった。MTSの5Gインフラ担当副社長ボリャ・ヴラソフは、5Gがなければロシアは技術的に不利な立場に置かれると述べ、ロシアはかつて繁栄していた経済を強化するために5Gが必要であり、現在はプーチンのウクライナでの行動のおかげで失速していると付け加えた。プーチンは、死体や病気の子供たちの画像を会議テーブルの上に広げ、「彼らはどうした? 君の5Gは彼らに何をしたんだ?」と言ったという。


「5Gのせいにはできない。西側の同志たちは、5Gが安全であることに同意している」とヴラソフは言った。


プーチンはそばにいた警備員に、ヴラソフの眉間を撃つよう命じた。諜報員はためらうことなくマカロフ拳銃を抜き、15人が見ている前でヴラソフの額に弾丸を撃ち込んだ。


その1週間後、ロシア連邦の工兵部隊は、軍事的なエンジニアリング活動を行うために設計されたロシア連邦陸上軍の軍事行政部隊であり、モスクワで5G携帯電話タワーの廃棄を開始した。一枚岩のタワーが崩れ落ちると、歩行者たちは歓声を上げた。


この記事を書いている時点で、ロシアは5Gタワーをすべて撤去した。


この記事の情報は、2022年にReal Raw Newsにウラジーミル・プーチンのウクライナでの特別作戦の背後にある本当の理由を提供してくれたFSB諜報員アンドレイ・ザハロフのおかげである。これらの戦いはまだ続いている。


さすがプーチン‼️
岸田も爪の垢を煎じて飲めよ😁👇


Michael Thomas Flynn 5GW


5gw

スリン将軍


アメリカ国民と自由を愛する世界中の人々に、ほとんど理解されていない世界規模の戦時中の現実に備えるために、マイケル・T・フリン米陸軍中将(退役)と米陸軍軍曹(退役)による『第五世代戦争への市民ガイド』(CG5GW)がここに登場します。


5Gは戦争兵器だ。日本も禁止しろ!