日本の退職金制度は投資対象としてビットコインを検討している

約1兆5000億ドルを運用する日本の巨大政府年金基金GPIFは、ポートフォリオの多様化の選択肢としてビットコインやその他の非流動性資産を検討している。

ビットコイン


最近の発表で、同基金はビットコイン、金、農地などの「低」流動性資産に関する情報を求めた。これは、経済、社会、技術の変化に直面して革新的な投資戦略を開発するための5年間の研究イニシアチブの一環です。



ただし、情報提供の呼びかけは、ファンドがすでにビットコインに傾いていることを必ずしも意味するものではなく、詳細な議論の前のデータ収集のステップです。