N-メチルピロリドン 小金沢昇司さん死去

N-メチル-2-ピロリドンとその誘導体は農薬や医薬品、繊維助剤、可塑剤、安定化剤、特殊インクなどの中間体として用いられることもある。またナイロンの前駆体でもある。ゴムの分野ではスチレン・ブタジエンゴム (SBR) ラテックス製品に用いられ、エレクトロニクス産業においてはプリント基板の製作に用いられる。


N-メチルピロリドン


小金沢昇司さん死去 八代亜紀さん、冠二郎さんに続き演歌界また悲しいしらせ 「歌手の小金沢くん」65歳 呼吸不全

メチル化






N-メチル-2-ピロリドン (N-methylpyrrolidone、NMP) はラクタム構造を含む 5員環の構造を持つ有機化合物で、極性溶媒のひとつである。別名は N-メチルピロリドン、N-メチルピロリジン-2-オン、1-メチル-2-ピロリドン、N-メチル-2-ピロリジノン (N-methylpyrrolidinone)、M-Pyrol などである。


特徴
無色またはわずかに黄色がかった液体であり、水や酢酸エチル、クロロホルム、ベンゼン、低級アルコールや低級ケトンといったさまざまな溶媒と混ざり合うことができる。ジメチルホルムアミド (DMF) やジメチルアセトアミド (DMA)、ジメチルスルホキシド (DMSO)、アセトニトリル 等と同じく非プロトン性極性溶媒に属する。


製法
N-メチル-2-ピロリドンは、γ-ブチロラクトンとメチルアミンとを縮合させて得る


用途
高い溶解性を持つため、特に高分子化学の分野を中心に様々な物質に対する溶媒として用いられる。また各種繊維やレジン樹脂、金属皮膜プラスチックの表面処理時の溶媒や、ペンキはがし剤としても用いられる。


N-メチル-2-ピロリドンとその誘導体は農薬や医薬品、繊維助剤、可塑剤、安定化剤、特殊インクなどの中間体として用いられることもある。またナイロンの前駆体でもある。ゴムの分野ではスチレン・ブタジエンゴム (SBR) ラテックス製品に用いられ、エレクトロニクス産業においてはプリント基板の製作に用いられる。
👇

ポリビニルピロリドン

ポリビニルピロリドン(Polyvinylpyrrolidone、略称PVP、ポビドンともいう)は、N-ビニル-2-ピロリドンの重合した高分子化合物である。 CAS登録番号は[9003-39-8]。 多くの合成高分子化合物と異なり水によく溶解するので、この性質を利用して様々な用途に用いられる。


ポリビニルピロリドンの製造方法

ポリビニルピロリドンは、アセチレンとホルムアルデヒドを原料にして、以下の工程を経て生産されます。


1. γ-ブチロラクトンの合成
アセチレンとホルムアルデヒドを加圧下で反応させた後、接触還元することで1,4-ブタンジオールが得られます。これを銅触媒下で200℃に加熱すると分子内で脱水反応が起こり、γ-ブチロラクトンが得られます。


C2H2 + HCHO → HOCH2CH2CH2CH2OH (1,4-ブタンジオール) → C4H6O2 (γ-ブチロラクトン)


2. N-ビニル-2-ピロリドンの合成
γ-ブチロラクトンをアンモニア処理して、2-ピロリドンとし、これに加圧アセチレンを作用させることで、N-ビニル-2-ピロリドンが得られます。


C4H6O2 + NH3 → C4H7NO (2-ピロリドン)
C4H7NO + C2H2→ C6H9NO


γ-ブチロラクトンからN-ビニル-2-ピロリドンを合成する方法は上記の他にもモノエタノールアミンと反応させて合成する方法もあります。こちらは、γ-ブチロラクトンとモノエタノールアミンからN-ヒドロキシエチルピロリドンを生成します。これを気相脱水させることで、N-ビニル-2-ピロリドンが得られます。


C4H6O2 + HOCH2CH2NH2 → C6H11O3 (N-ヒドロキシエチルピロリドン)
C6H11O3 → C6H9NO + H2O


3. N-ビニル-2-ピロリドンの重合
N-ビニル-2-ピロリドンを過酸化水素存在下で加熱して重合してビニルピロリドンが得られます。
👇


N-メチルピロリドンは危険ですか?
毒性は低いとされていますが、低いだけで完全に無害なわけではありません。 体内に一定量取り込まれると中枢神経系、骨髄、肝臓、精巣、腎臓、副腎などに悪影響を及ぼす可能性があるので取扱いにはご注意ください。 また、農薬などの劇薬を溶解したNMP溶液は、皮膚からの浸透性が強いため特に気を付けるようにしましょう。


NMPは人体にどのような影響がありますか?
NMPは、環境への影響や水生動物への影響はほとんどなく、生物学上簡単に分解します。 しかし最近の研究で、NMPが妊婦の皮膚に接触すると胎児に危険をもたらすことがわかりました。 「生殖毒性」を持つのです。 この結果を受けて、NMPを5%以上含んだ製品は「有毒」と表示し、製品のラベルには「目、呼吸器系と皮膚を刺激します。
👇
NMPとは N-メチル-2-ピロリドンは、1-メチル-2-ピロリドン、1-メチルピロリジン-2-オンやN-メチル-2-ピロリジノンなどとも呼ばれ、NMPの略称でよく知られています。 無色またはわずかに黄色みがかった液体で、アミン臭という魚を触って時間がたった時のような、生臭いニオイのする有機溶剤です。

👇

ポリビニルピロリドン


N-メチルピロリドンは、分子構造がピロリジン環とメチル基からなる有機化合物で、医薬品、溶媒、中間体として一般的に使用され、その用途は多岐にわたる。


たった一日だけ


喪失

エストロゲン、アンドロゲン、甲状腺、およびステロイド生成性 (EATS) 媒介内分泌かく乱作用PVP-ヨウ素の (ED) 特性 (CAS no. 25655-41-8)


導入


2020年2月18日付けで欧州委員会は加盟国に通知した。


ヨウ素登録グループ (IRG) の、内分泌に関する適応症があることにより、


活性物質の撹乱剤 (ED) 特性については、初期レビューが行われています。


ヨウ素とPVPヨウ素について開始しました。 規則第 15 条第 1 項に基づく


(ELI) No 528/2012 申請者は、この文書にコメントを提供する機会を得ました。


早期レビュープロセス。


この文脈の中で、IRGはエストロゲンの完全な評価を準備することを決定しました。


アンドロゲン、甲状腺およびステロイド産生(EATS)媒介内分泌かく乱作用


ヨウ素とPVPヨウ素の性質。


PT1、3のヨウ素(PVPヨウ素を含む)の評価報告書によると、


4 および 22 (AR、2013) では、原則としてヨウ素を活性物質と見なすべきです。


ヨードフォアが個別の活性物質としてみなされない限り、物質


物質。 ヨードフォアは、ヨウ素と錯体を形成したヨウ素を含む製剤です。


担体および/またはポビドン (PVP、ポリビニルピロリドン) などの可溶化剤。


PVP ヨウ素 (25655-41-8) には、別の CAS-No が割り当てられています。


ヨウ素 (7553-56-2)。 それにもかかわらず、それは評価報告書で結論付けられました。


PT 1、3、4、および 22 のヨウ素 (PVP ヨウ素を含む) (AR、2013)


錯体が構築されるため、ヨウ素と PVP の間に実際の反応はありません。


ヨウ素は、PVP-ヨウ素複合体の有効成分であり、


これはED評価に関連します。 したがって、潜在的な ED 特性は


ヨウ素の量を評価しました。 文書「エストロゲンの評価、


アンドロゲン、甲状腺およびステロイド産生(EATS)媒介内分泌かく乱(ED)


ヨウ素の特性 (CAS no. 7553-56-2)」 (SCC、2020)。


PVP-ヨウ素の潜在的な ED 特性が評価され、この論文で発表されました。


書類。


文書のパート A では、ヨウ素の T 媒介 ED 特性の評価に関する科学的記述が提供されていますが、文書のパート B では


は、PVP ヨウ素の潜在的な EAS 媒介


ED 特性に焦点を当てています。
👇


https://health.ec.europa.eu/system/files/2021-04/pvpiodine_scc_assessment_en_0.pdf



何度も何度も繰り返しメチル基と言っていますよね!

この恐ろしさがわからない?
リチウムイオンバッテリーと言ったら中国ですよ。


日本人ってめんどくさがって調べないし、信じないよね。
いろんな食品も危ないのに
だからインチキワクチンでも打ってしまうのだと思う。




小金沢昇司さんや八代亜紀さんが亡くなっている?本当なのだろうか?

そんなことはどうでも良いけどメディアの情報を鵜呑みにしない事も重要だと思う

小金沢昇司


医療の信用も無くなり製薬会社の信用も無いです
それで芸能人がバタバタと亡くなった?
嘘臭いと、私は思う


実は一時期、日本の芸能人が国際的な指名手配になっていた時期もあったけど
それがまだ継続されているのかも知れません。薬関係です。