悪人達は何を企むのか!アパレルに潜む罠

今日はアパレルに注目し、その恐ろしい「人口削減」計画の隠された秘密を暴露しましょう

皆さんおなじみの悪人メンバー勢揃いです。CDP

悪人メンバー

悪人メンバー達のCDP協力企業はこんなにいっぱい
これらの企業は、基本的に我々に対して悪い事しか考えない。
そう思ってOK!


一般国民はこいつらと戦うのです。
我々国民を騙して「人口削減」を行う企業の一覧です。
信用してはいけない。忘れてはならない大切なこと。


企業の一覧

今日のテーマは、アパレルについて我々に何をして「人口削減」を企んでいるのかです。

アパレル?アパレルで「人口削減」わかる方います?
一斉にSDGsに加盟をした悪魔のユダヤ企業です。
もうユダヤ企業は我々の敵だとわかっています。👿



我々が気が付きにくい。健康に悪い。病気になる。
そう言った悪い仕掛けを作って販売して金を取っています。
だけどアパレルを探るには、なかなか難しい!


アパレル

COP26@グラスゴーに注目です!!なんだ?グラスゴーって?


COP26@グラスゴー

https://cdn.cdp.net/cdp-production/comfy/cms/files/files/000/004/769/original/2021_Supplier_Takase.pdf


グラスと言えば大麻も考えられます。

日本🇯🇵と医薬品分野の議論に加えて、これはこのテーマに関するかなり興味深い記事です。
故安倍晋三首相の妻昭恵氏は、少なくとも2000年前に遡る日本の大麻文化の復活を主張した。


麻は繊維にもなる日本では昔から盛んに栽培をしていた時期があり、GHQの影響を受けて
日本での大麻は麻薬として扱われる様になった。しかし大麻が悪いばかりでは無いらしいのです。ある意味脳との関係がある、(松果体)へのアプローチでニューロンとの関係があるのかも知れないですね。


覚せい剤も本来の目的は鎮痛剤です、大麻も使い方次第なのだとも思います。
自然の植物の存在には毒もあれば、悪ばかりでは無い。何かの理由があって存在をしているのだとも思いますね。我々人間が日常食べている野菜や果物も植物です、それらは薬でもあるんです。杏子の種は薬です。全ての植物には意味があります。


オーストラリアの原住民であるアボリジニー彼らは天才的にそれら植物の知識があります。逆に学ぶべき物を持ち合わせています。本当に凄い知識豊富です。
アボリジニーは部族が違うと話す言葉も違うのです。彼らにはテレパシーを使う部族も存在し仲間同士で会話をし同じ部族である、敵ではないと確認をしたりもする。
もちろん全てのアボリジニーがテレパシーを使える訳ではありません。退化してしまっています。その問題を解決するため小さな「ピン」を現在では使用してお互いを確認します。


EQT と言われる繊維はアスベスト!女性の下着やブラジャー。スポーツウエアにとても多いことが確認出来ました。



グラスゴーはアスベストGO!



乳がん・前立腺がん・肺がん
医者や製薬会社は大儲け!

アスベスト

アスベスト2

アスベスト3

アスベスト4

アスベスト5

アスベスト繊維 乳がん ブラジャー

乳がん ブラジャー

アスベスト繊維 前立腺がん 男性用 パンツ

前立腺がん 男性用 パンツ



EQT


EQT繊維を身に付けてジムでのトレーニングはとても危険
アスベストが散らばります。

ランニング

こちらはEQTのタイツ

EQTのタイツ


良く動き回る犬など動物の首輪や衣服にもEQT繊維は使用され家の中でもペットからアスベストを吸い込みやすくされています。




アスベスト繊維布および繊維衣類


アスベスト繊維はかつて、熱や腐食に強い繊維製品を作るために布地に織り込まれていました。これらには、衣類、耐熱毛布、電気布などが含まれます。これらの製品にさらされた労働者は病気を発症し、製造業者に対して賠償を求めて訴訟を起こしました


アスベスト布と織物はどのように使用されましたか?


繊維状の性質があるため、生のアスベストは紡績され、繊維布や衣類に織り込まれる可能性があります。これにより、繊維は高温、炎、電気火災、腐食性物質に対する耐性が得られます。しかし、それらは破壊できないわけではなく、スライスしたり、切ったり、引き裂いたりすることができます。


アスベストの耐火性能により、アスベストは消防士用のジャケットや鋳造作業員用のエプロンやミットなどの防護服に使用するのに理想的な素材となりました。アスベスト繊維を他の繊維と一緒に織ることにより、繊維製品の引張強度も向上しました。


鋳物工場、ガラス工場、製鉄所の労働者は、溶融材料を扱う際の極端な温度や火傷から身を守るために、アスベストの衣服を着用することがよくありました。防護服は、多くの場合、コート、手袋、レギンス、エプロンで構成されていました。炉で作業し、溶融金属が流れる通路に沿って立っていた従業員は、鋳造プロセス中にアスベストのコートとレギンスを着用していました。


欧州委員会の2022年の報告書では、2019年に過去のアスベスト曝露により7万人を超える労働者が死亡したと指摘している。米国環境保護庁向けに作成された 1993 年の報告書によると、米国におけるアスベスト繊維の生産は 1980 年代後半に終了しました。アスベスト繊維は国際的に製造されており、これらの製品を米国に輸入することは依然として合法です。



アスベスト繊維および繊維の種類

アスベストが含まれている可能性のある繊維製品には次のものがあります。


  • エプロン
  • キャンバス
  • カーペット敷き
  • 電気クロス
  • 濾紙(ジュースや薬品用)
  • 防火毛布
  • 防火カーテンおよび防火カーテン(劇場用)
  • 消防士の服装
  • ガラス吹きミット
  • 手袋
  • アイロン台カバー
  • メタルメッシュブランケット
  • オーブンミット
  • パイプカバー
  • 鍋つかみ
  • 刑務所の独房のパッド
  • 金属および鋳物工場の労働者用の防護服
  • 室内装飾品
  • 溶接機用ブランケット


アスベスト繊維および織物が引き起こす可能性のある病気

アスベスト布や防護服が破れたり、摩耗したりすると、布地に織り込まれた有毒な繊維が空気中に放出されます。アスベストクロスは、100% アスベストから作られる場合もあります。


衣類に使用される場合、その割合は異なる場合があります。極端な温度下で着用することを想定した衣類には、アスベストの含有率が高くなりました。これらの衣類は損傷するともろくなります。生の状態のアスベスト布は、特に断熱材として使用された場合、もろいと考えられています。


アスベストへの曝露は次の病気を引き起こすことが知られています。


  • 中皮腫
  • 肺癌
  • 卵巣がん
  • 喉頭がん
  • 石綿肺

製鉄所やその他の工場の空気質を分析したところ、勤務時間中、アスベスト衣類から定期的に繊維が放出され、労働者が被ばくしていることが判明した。衣類の状態が良くない場合、繊維数が過剰になる可能性が高くなります。


通常の使用では、これらの工場内の鋭利な金属や機械の破片によって衣類が摩耗したり切断され、余分な繊維が放出される可能性があります。消防士も火災や極度の暑さから身を守るためにこれらのジャケットと手袋を使用しました。制服は極端な温度にさらされることが多く、磨耗につながる活動に耐えることがよくあります。


これらのアスベスト製品による最も危険な職業は繊維工場の労働者でした。アスベスト原石の製粉や紡績による極めて粉塵の多い環境が、これらの労働者の高レベルの肺疾患の一因となった。石綿肺に関する最初の健康保険請求の 1 つは、1927 年に繊維工場の労働者によって提出されました。


繊維布や衣服からアスベストにさらされることが一般的な職業には、次のようなものがあります。


  • エンジニア
  • 消防士
  • 鋳物工場の労働者
  • 炉オペレーター
  • ガラス職人
  • 織機固定業者
  • パイプフィッター
  • 造船所
  • 造船所
  • 製鉄所の労働者
  • 繊維工場労働者(織工、紡績工、下水道、袋詰め労働者などを含む)
  • 繊維労働者
  • アメリカ海軍関係者


アイロン台やオーブン用ミトンなどの家庭用品にもアスベストが使用されていたため、平均的な消費者もアスベスト布地や衣料品による危険にさらされていた。



アスベストを扱った作業をしていて、関連疾患と診断された場合は、最善の治療を受けるために専門医の治療を受けることが重要です。





別に信じなくたって構わない
悪魔たちの仲間の言う事を信じてくださーい。

前立腺がん・乳がん
俺は絶対に嫌。