今朝のメキシコ ポポカテペトル 火山

❗🌋🇲🇽 - これは今朝のメキシコの#Popocatépetl火山の現在の状況です。


ポポカテペトル


今日11月13日、ポポカテペトル火山で何が起こっているのでしょうか?

ここでは、今日 11 月 13 日のポポカテペトル火山の活動について私たちが知っていることをすべてお伝えします。雪の夜明け。灰は3つの州に影響を及ぼす可能性がある




嘘みたいですが全てが繋がっているらしいです。
驚きですね。


ポポカテペトル火山は今週 月曜日 、11月13日も活動を続けており、黄色フェーズ2の警戒信号 のままです 。


国立防災センター(Cenapred)によると、この火山は2022年9月以降、住民を危険にさらす活動を続けているため、 周囲 12キロメートルの安全境界線を設けたという。


アマリロフェーズ3では、爆発の頻度と激しさ、ガスと灰の放出の増加により、火山警報信号が点灯した状態で1か月強過ごした後 、6月6日、この活動は減少し始めました。


ポポカテペトル火山の夜明けに雪と大きな噴気孔が現れる

今週月曜日、11月13日、ポポカテペトル火山は火口が完全に雪で覆われ、大きな噴気孔が出現して目覚めました。


噴気は今週月曜日の早朝から止まったことを記録することなく続いている。


現地時間午前6時6分に記録された夜明けに、高さ数十メートルの噴気孔が観察された。


一方、プエブラ市民保護局は、ポポカテペトル火山からの噴出による降灰の可能性を予測する風予測の HYSPLIT モデルを共有しました。


モデルは、噴煙が南西に分散することを示しているため、放出があってもメキシコシティ(CDMX)には影響しません。


住民に対する占領軍の権限
戦争法マニュアル 11.7 🔥