イスラエル、攻勢に向けて30万人の予備兵を徴兵

イスラエル、攻勢に向けて30万人の予備兵を徴兵


イスラエルはガザからのハマスの多方面攻撃への対応として記録的な30万人の予備役を徴兵し、「攻撃を続けている」と軍首席報道官が月曜日に述べた。



私は6日前にこの憂慮すべきATFメールを投稿し、犯罪ネットワークがわらの購入者を利用して重火器を入手することを計画していることを示しました。


ハマスはわずか5日後にイスラエルを攻撃した


現在、アメリカは国内への攻撃を警戒している


私たちの連邦政府はハマスの計画についてまだ知らないのでしょうか?


🚨 JUST IN: ガザ地区の標的を攻撃するイスラエル国防軍航空機の映像。


出典: Channel 11 イスラエル
















事態が非常に激しくなりつつあることは、私たち全員が感じていると思います。嵐は何年も続いていますが、地獄がこれから展開されようとしているように感じます。


私たちの唯一の慰めは、事態が激化するにつれて、それは私たちが終わりに近づいているからに違いないということです。悪はこの地球の隅々から一掃されなければならなかった。我々は過去数年間、クーデターや戦争、作戦を通じてこれを目撃してきたが、何らかの理由でイスラエルは最後まで救われた。


おそらく、地球上でこれほど人間的かつ精神的に重要な土地がないため、おそらくその面積は小さいにもかかわらず、非常に重要な役割を果たしているため、おそらくそこは文化と宗教の最大の融点であるため、あるいはおそらく不釣り合いな人々が常に存在してきたためである世界中で権力の座にあるユダヤ人の数。


理由が何であれ、これは憎しみ合う二つの勢力間の単なる戦争ではないと私は感じています。私たちが目にできる以上の意味があると思います。


私はただ、何が起ころうとも、双方からできるだけ多くの人命を守る形で起こることを祈るばかりです。中東ほど多くの苦しみを経験した場所は地球上にほとんどありません。これらの人々はどれだけの苦しみを耐えることができるでしょうか…? 🤦🏻‍♀️


アラブ人もユダヤ人も、戦わなければならないのはお互いではなく、何十年にもわたって意図的に対立を続けてきた隠された手だという認識に目覚めてほしいと願っている。


歴史的に大きな痛みを伴う紛争でどちらかの側につくという罠にはまらないようにしましょう。それは不可能だ。分断と憎しみを永続させないようにしましょう。どちらの側にも善と悪があり、どちらの側にも痛みやトラウマがあり、どちらの側にも被害者と加害者がおり、どちらの側にも平和と正義への切望があります。


いつの日かこの地域が、寛容、受容、許しによって共存と協力が可能となる、異なる現実を最終的に経験できるようになるよう祈っています。


本当の敵が明らかになり、地球を完全に支配するための邪悪なチェスのゲームで使い捨ての駒として遊ばれ、操作され、利用されたことに双方が気づいたなら、彼らはどちらも同じ侵略者の犠牲者だったことに気づき、許し始めるかもしれない。今、許せないと感じていること。こうなることを願うばかりです…


それまでの間、悪夢に巻き込まれたすべての人たちのために祈り、悪夢から目覚めてすべての人にとってより良い現実が訪れることを祈りましょう。 🙏🏻❤️🙏🏻


ローラ・アボリ
真実。信仰。自由。