ブラジルの洪水 ダム決壊 死者数が増加

ブラジルの洪水:リオグランデ・ド・スル州でダムが決壊し死者数が増加

ブラジル



ブラジル南部で数日にわたる大雨により大規模な洪水が発生した後、水力発電ダムが決壊し、30人以上が死亡した。


当局によると、リオグランデ・ド・スル州ではさらに60人が行方不明となっている。


土曜日以来、約15,000人の住民が自宅から避難している。州全体で少なくとも50万人が停電ときれいな水のない状態にある。


決壊したダムは2メートル(6.6フィート)の波を引き起こし、すでに浸水していた地域にパニックとさらなる被害を引き起こした。


ダムはコティポラ市とベント・ゴンサルベス市の間に位置する。


カンデラリア自治体では、家が水で満たされ、住民が家の屋根に上がった。


気象学者らは、寒冷前線がこの地域を通過するため、この地域でさらに雨が降ると予測している。


昨年、リオグランデ・ド・スル州ではサイクロンにより30人以上が死亡した。


ブラジル国立気象研究所は、降雨量と頻度の増加は気候現象エルニーニョによるものであると考えた。