モバイルファースト インデックス ムラゴン ブログ

モバイルファースト インデックス ムラゴン ブログも対応出来ますか?

TOP


モバイルファーストインデックスとは、主にパソコンサイトを対象としモバイル向けのコンテンツにも読みやすいモバイルサイトにしなさい。みたいな感じです。


パソコンでホームページ作成をしてパソコン向けのサイトだけなら良いですが、モバイルでもパソコンサイトが見れますよね。


モバイル向けのコンテンツを見ている方がユーザーが多くなったのでモバイルサイトに最適化されたサイトにしなさい。と言う感じです。


スマートフォンサイトを評価の軸にインデックスするという方針転換のことです。




そこまでは、良いのです。しかしモバイルファーストインデックスはモバイルフレンドリーでなくてはなりません。



以前にもお伝えした通り、例えばムラゴンのサイドメニューのリンクを使うと
エラーになりGoogleコンソールから通知が来ますとモバイルフレンドリーでは無くなるためエラーの修正をしなければ検索結果から外されてしまうことが起きてしまいます。


エラーを知るためにもGoogleコンソールに登録をおススメします。


エラー


それだけではありません。



(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!



Googleヘルプページでのモバイルファーストインデックス注意事項



モバイル ファースト インデックスに向けて、構造化データと画像の代替テキストをお忘れなく!

2019年1月21日月曜日

「モバイル ファースト インデックス」の取り組み について最初にお知らせしてから 2 年が経過しました。これは、ユーザーがウェブにアクセスする際に最も使用しているデバイスを考慮してスマートフォン用 Googlebot でクロールを行う取り組みです。あらゆる種類のデバイスに対応する素晴らしいウェブサイトが作られ、世界中で数多くのウェブサイトがモバイルウェブに対応しました。まだすべきことは多くありますが、ここに、 モバイル ファースト インデックスに移行したページがグローバルでの検索結果の半数を超えたことをお知らせします。




ここで、難しい言葉「構造化データ」と出て来ます。構造化データとは何でしょう?
最近の小学生はプログラムを組んだりして勉強をしているのでわかるかも知れません。



構造化データは、こんな感じの物です。


構造化データ

構造化データには、種類もありますがGoogleでは、「JSON-LD形式」を推薦しています。



ページのタイトル・著者・URL・公開時間などを詳しく記述しなければならないのです。



この構造化データを作成してムラゴンのブログ「HTML編集」に張り付けなければ、ならない時代です。





仕組みは、検索エンジンのロボットにブログのデータを読み込んでもらい


どんな記事の内容で、いつ、どこの誰?が書いたブログなのかを伝えるために必要とされるのが「構造化データ」と言う訳です。



これが無いと、そのブログは「リッチリザルト」対象にはなりません。


また難しい言葉が登場しました。「リッチリザルト」



ムラゴンのブログは、リッチリザルト対象ではありません。
「構造化データ」は無いです。


調べるには、こちらに飛んでURLを試しに入れてみてください。




これが現在のGoogleの方針です。



( ˘•ω•˘ ).。oஇ 難しいよな!



「構造化データ」を勉強しないと検索結果に影響が出てしまう事があります。



現在のところムラゴンブログは、問題はありませんがGoogleコンソールから突然連絡が来る可能性はあります。



この方は日本で超有名な鈴木 謙一さんです。



(「・ω・`)・・・ドレドレ???