ローマ教皇 寄宿学校でのカナダ先住民への大規模虐待を謝罪

ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇は、カナダで、19世紀から1990年代にかけて行われていた先住民の同化政策のもと、カトリック教会が運営する寄宿学校で大規模な虐待が行われていたことについて謝罪しました。🤟

TOP


カナダでは、19世紀から1990年代にかけて、先住民の同化政策に基づき、先住民の子どもたちが親から引き離されて、カトリック教会が運営する寄宿学校に入れられ、そこで多くの子どもが虐待を受けて命を落としていたことが明らかになり、カナダ政府は2015年にまとめた報告書で当時の政策を「文化的ジェノサイド」と非難していました。


これについて、ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇は1日、バチカンでカナダの先住民の代表団と面会した際、「教育に携わるカトリック教徒が、虐待に関わっていたことに憤りと恥を感じる。心の底から強い悲しみを表明する」と述べ、謝罪しました。


これに対し、カナダの先住民の代表は「歴史的なことだ。この謝罪は必要なもので、とてもありがたい」と歓迎しました。


カナダでは去年、西部のブリティッシュ・コロンビア州にあった寄宿学校の跡地で、215人の子どもの遺骨が見つかったほか、中部のサスカチワン州にあった寄宿学校の跡地の周辺でも、墓標のない751の墓が確認されています。