250 人の科学者がイヤフォンに関する懸念を強調 - 保存版

ワイヤレスイヤホンの装着は便利かもしれませんが、脳に磁場を送って通信するため、神経障害のリスクが高まる可能性があります.


【もくじ】

  • ストーリーの概要
  • 要求されたEMFから人間の健康を守るための9つの対策
  • イヤフォンをスキップする — および EMF 曝露を下げるためのその他のヒント
  • EMFとRF放射は増大する健康リスクであり、5Gの本格展開を阻止する必要がある





  • 私の個人的な感想は
    この磁力の強いワイヤレスヘッドフォンは確かに音質は良いのですが
    強い磁場のために長時間の使用をすると個人的には目が痛くなったり頭が痛くなり疲労してしまう事が起きるのです。頭痛の酷い時には、痛くて鎮痛剤を飲んでしまう事もあります。


    確か4か月ほど前のブログにもヘッドフォンの記事を書いた記憶があります。
    磁力もありますが電波を拾って受信をするので頭の近くには確かに良くないのでしょうね。


    この記事には、凄く良い事が書かれています。特に電磁波アレルギーのお持ちの方や小さなお子様へは良い対策であると思えます。


    やはりスマートメーターも体に良くないのですね。Wi-Fiなども有線に対策したいと思いました。さっそくシールドを準備したいと思います。


    そうですよね!軽い被ばくをしている状況と同じですからね。
    スマホで指が曲がらなくなったのです。


    だからコンセントを差し込むだけでWi-Fiが使えるとかを販売をしているんですね!


    学校にもLANケーブルで良いのに、わざわざWi-Fiの5gを入れてみたり
    iPadを子供に使わせたりするのですね


    iPhoneにイヤフォンジャックは無いですもんね、なるほどって感じです。
    有線電話を無くす見当もしていますからふざけろって思います


    スマート家電とかも私達を騙していたのです。


    だから鳥も異常を起こしたり、ミツバチも居なくなったりするのです
    魚の異常な大量死も同じ状況です


    先日はクジラの大量死もありました、HAARPの影響かもしれませんね
    ワクチンの事もそうですが、この人口削減は根深い状況だと言えます


    是非最後まで目を通してください。



    pdfダウンロードは👇



    ストーリーの概要

    • 250人の科学者が署名した嘆願書によると、Appleの人気のAirPodsのようなワイヤレスヘッドフォンは人間の健康に危険である可能性があります
    • International Electromagnetic Field Alliance が主導する国連 (UN) への請願書は、AirPods やその他の Bluetooth デバイス、携帯電話や Wi-Fi で使用される非イオン化電磁場 (EMF) を対象としており、高周波放射を放出します。
    • AirPods だけでなく、他のワイヤレス Bluetooth ヘッドフォンを含むデバイスは、脳を通して磁場を送信することによって相互に通信します
    • 嘆願書に署名したある科学者は、イヤホンの使用は巨大な実験に似ており、神経障害のリスクを高める可能性があると考えています


    250 人の科学者が署名した嘆願書によると、Apple の人気の AirPods のようなワイヤレス ヘッドフォンは、人間の健康に危険を及ぼす可能性があります。1 AirPods だけでなく、他のワイヤレス Bluetooth ヘッドフォンも含まれるこれらのデバイスは、外出先で音楽、ポッドキャスト、オーディオブックなどを聴きたい人に新しいレベルの機能と利便性をもたらします。


    発売以来、4,400 万台以上の AirPods が販売されており、2019 年だけでさらに 5,500 万台が販売されると予測されています。2020年には 8000 万本が販売されると予測されていまし たが、最終的な集計が行われると、実際には 1 億本を超えました。4それは紛れもなく魅力的な技術であり、Apple が iPhone 7 5 からヘッドホンジャックを取り除いたときに、ある種の「必需品」になりましたが、高額になる 可能性があります。


    国際電磁場同盟(International Electromagnetic Field Alliance)が主導する国連(UN)への請願は、AirPods やその他の Bluetooth デバイスで使用される非電離電磁場(EMF)と、携帯電話や Wi-Fi から放出される電磁場の両方を対象としています。高周波放射。


    科学者は電磁界による危険を警告


    2015 年に最初に発表され、2019 年に更新された請願書は、非イオン化EMFの健康への影響の研究に密接に取り組んでいる科学者からの国際的な呼びかけです。何十年もの間、業界は非電離放射線は無害であり、心配する価値のある唯一の放射線は電離放射線であると主張してきました. それどころか、科学者は次のように述べています。


    「査読され、公開された研究に基づいて、私たちは、電気および無線デバイスによって生成される EMF への曝露が遍在し、増加していることについて深刻な懸念を抱いています。


    これらには、携帯電話やコードレス電話とその基地局、Wi-Fi、ブロードキャスト アンテナ、スマート メーター、ベビー モニターなどの無線周波数放射 (RFR) を放出するデバイスや、極低周波電磁界 (ELF EMF) を生成する電気の供給。」


    国際がん研究機関がEMFを人間の発がん物質の可能性があると分類していることに注目し、彼らはまた、多数の科学出版物が、EMFがほとんどの国際的および国内的ガイドラインを「はるかに下回る」レベルで生物に影響を与えることを示していると述べました. 暴露の潜在的なリスクには次のものが含まれます: 7


    • 細胞ストレス
    • 有害なフリーラジカルの増加
    • 遺伝的損傷
    • 生殖器系の構造的および機能的変化
    • 学習および記憶障害
    • 神経学的障害
    • 一般的な幸福への悪影響

    Moskowitz のように、Pall は、脳への慢性的な EMF 曝露の結果には、不安、うつ病、自閉症、アルツハイマー病につながる神経学的変化が含まれる可能性があると考えています。11 さらに、脳の特定の部分で VGCC 活性が上昇すると、さまざまな神経精神医学的影響が生じることが知られています。ポールによると:


    「私はさまざまな種類の電磁界曝露に関する [多数の] 研究を検討しましたが、それぞれが神経精神医学的影響を示しています。これらの疫学的研究で、これらの影響が何度も繰り返されていることがわかります。


    誰もが「いつも疲れている」「眠れない」「集中できない」「落ち込んでいる」「いつも不安だ」と不平を言っているのと同じです。 、」「私の記憶はもううまく機能しません。」誰もが不満を言っているすべてのこと。


    私たちは、これらすべてが EMF 曝露によって引き起こされることを知っています。そのことに疑いの余地はありません。私たちは脳への影響を知っているので、VGCC の過度の活動がさまざまな神経精神医学的問題を引き起こす可能性があることを知っています。」


    要求されたEMFから人間の健康を守るための9つの対策


    国連への嘆願書の中で、科学者たちは、国際レベルで不適切な非イオン化 EMF ガイドラインがあると述べており、担当機関は、EMF に対して特に脆弱である可能性のある公衆衛生と人口を保護するための十分なガイドラインと安全基準を作成して課すことができませんでした。子供など。


    彼らは、国連環境計画が独立した学際的な委員会に資金を提供して、RFR と ELF への人間の曝露を減らす方法を見つけ出すよう求めており、産業界はこのプロセスに協力すべきであるが、調査結果に偏りを与えることは許されるべきではないと指摘している. また、EMF に関して次の 9 つの要求を行いました。


    1. 子どもと妊婦を守る
    2. ガイドラインと規制基準が強化される
    3. 製造業者はより安全な技術を開発するよう奨励される
    4. 電気の生成、送電、配電、および監視を担当するユーティリティは、適切な電力品質を維持し、適切な電気配線を確保して有害な地電流を最小限に抑えます。

    5. 一般市民は電磁エネルギーによる潜在的な健康リスクについて十分に知らされ、害を軽減する戦略を教えられる

    6. 医療専門家は、電磁エネルギーの生物学的影響について教育を受け、電磁過敏症患者の治療に関するトレーニングを受ける必要があります。

    7. 政府は、業界から独立した電磁場と健康に関するトレーニングと研究に資金を提供し、研究者との業界協力を義務付けています

    8. メディアは、EMF 放射技術の健康と安全面に関する専門家の意見を引用する際に、業界との専門家の財政的関係を開示します。

    9. ホワイトゾーン(無放射線地域)の確立

    5G テクノロジーが普及する前に必要な保護


    科学者の嘆願書は、5G または「第 5 世代」ネットワークが展開を続ける中で厳粛な警告です。現在使用されている「第 4 世代」 (4G) テクノロジーは、それぞれに約 12 個のアンテナ ポートを備えた 90 フィートの巨大なセル タワーに依存していますが、5G システムは、それぞれ約 100 個のアンテナ ポートを備えた「スモール セル」施設または基地を使用します。各。12


    4G テクノロジーの 10 ~ 100 倍の速度が期待され、少なくとも 1,000 億台のデバイスをサポートできる13 5G は、主に 30GHz ~ 300GHz のミリ波 (MMW) の帯域幅に依存していると、EMF のコーチであり著者である Lloyd 氏は述べています。バレル。14


    MMW はこれまで広く使用されたことはありませんでしたが、MMW と接触すると、人間の皮膚の汗管がアンテナとして機能するなど、これまでにいくつかの関連する調査結果がありました。15


    さらに、この技術は、大腸菌や他の多くの細菌に変化を引き起こし、その成長を抑制し、特性や活動を変化させるため、すでに世界を悩ませている抗生物質耐性菌の問題を悪化させる可能性があります。


    これはまた、この技術が人間の細胞に同様の変化をもたらす可能性があるという懸念を引き起こします. ジャーナル Applied Microbiology and Biotechnology の研究者によると: 16


    「MMW … 低強度で非常に高い周波数の電磁界は新しい環境要因であり、そのレベルは技術が進歩するにつれて増加します。興味深いのは、バクテリアと他の細胞が、極度に低い周波数範囲の電磁界によって互いに通信する可能性があるということです…


    [T] MMW と抗生物質の複合作用により、より強力な効果が得られました。これらの効果は、変化した代謝経路を理解し、環境における細菌の役割を 区別 するために重要です。細菌の抗生物質耐性につながる可能性があります。」


    研究では、MMW が小麦の新芽などの植物でストレスタンパク質の変化を引き起こす可能性があることも示されていますが17 、低レベルの非電離放射線は鳥やミツバチの障害や健康問題に関連しています。18


    イヤフォンをスキップする — および EMF 曝露を下げるためのその他のヒント


    1. イヤホンの使用に関しては、予防原則の適用が正当であることは明らかです。実験に参加しないでください。イヤフォンをスキップして、代わりに「昔ながらの」方法でメディア コンテンツを聞いてください。
    2. それとは別に、EMF曝露を減らし、避けられない曝露による被害を軽減するのに役立つ19の提案があります.

      携帯電話、コードレス電話、Wi-Fi ルーター、Bluetooth ヘッドセット、その他の Bluetooth 対応アイテム、ワイヤレス マウス、キーボード、スマート サーモスタット、ベビー モニター、スマート メーター、キッチンの電子レンジなど、EMF の主な発生源を特定します。理想的には、各ソースに対処し、それらの使用を最適に制限する方法を決定します。生命を脅かす緊急事態を除いて、子供たちは携帯電話やあらゆるタイプのワイヤレスデバイスを使用すべきではありません. 子供は、頭蓋骨が薄く、免疫システムや脳が発達しているため、大人よりも携帯電話の放射線に対してはるかに脆弱です.

    3. 有線イーサネット接続を介してデスクトップ コンピューターをインターネットに接続し、デスクトップを機内モードにしてください。また、ワイヤレス キーボード、トラックボール、マウス、ゲーム システム、プリンター、携帯電話も避けてください。有線バージョンを選択します。
    4. やむを得ず Wi-Fi を使用する場合は、使用しないとき、特に就寝中は電源を切ってください。理想的には、Wi-Fi を完全になくすことができるように、家の配線を固定する方向に取り組みます。イーサネット ポートのないノートブックを使用している場合は、USB イーサネット アダプターを使用すると、有線接続でインターネットに接続できます。
    5. 携帯電話にワイヤレス充電器を使用しないでください。家全体に EMF が増加します。また、ワイヤレス充電は、使用しているかどうかに関係なく継続的に電力を消費する (そして EMF を放出する) ため、電源プラグに接続されたドングルを使用するよりもはるかにエネルギー効率が低くなります。Argonne Collaborative Center for Energy Storage Science のディレクターである Venkat Srinivasan 氏によると、携帯電話やタブレットを常に完全に充電しておくと、バッテリーの寿命が短くなるため、新しい携帯電話を購入する必要があります。19リチウム イオン電池が充電および放電されると、イオンが正極と負極の間を通過します。バッテリーの充電量が多いほど、イオンの劣化が速くなるため、45% から 55% の間でサイクルすることをお勧めします。
    6. 夜は寝室の電気を止めましょう。これは通常、寝室の隣に隣接する部屋がない限り、壁のワイヤーからの電界を減らすために機能します。その場合は、メーターを使用して、隣接する部屋の電源もオフにする必要があるかどうかを判断する必要があります。
    7. 電池式の目覚まし時計、理想的にはライトのないものを使用してください。視覚障害者用のしゃべる時計を使っています。
    8. まだ電子レンジを使用している場合は、スチーム コンベクション オーブンに置き換えることを検討してください。
    9. 無線信号に依存する「スマート」家電やサーモスタットの使用は避けてください。これには、すべての新しい「スマート」テレビが含まれます。それらは Wi-Fi 信号を発信し、コンピューターとは異なり、Wi-Fi 信号をオフにすることができないため、スマートと呼ばれます。代わりに、Wi-Fi を放射しない大型のコンピューター モニターをテレビとして使用することを検討してください。
    10. できる限り自宅のスマート メーターを拒否するか、既存のスマート メーターにシールドを追加します。一部のスマート メーターは、放射線を 98% から 99% 削減することが示されています。
    11. ワイヤレスベビーモニターを使用する代わりに、赤ちゃんのベッドを自分の部屋に移動することを検討してください。または、有線モニターを使用します。
    12. CFL 電球を白熱電球に交換します。家からすべての蛍光灯を取り除くのが理想的です。それらは不健康な光を発するだけでなく、さらに重要なことに、電球の近くにいるだけで実際に体に電流を伝えます.
    13. 機内モードでない限り、携帯電話を身に着けないようにしてください。また、機内モードでない限り、寝室で携帯電話を持って寝ないでください。機内モードでも信号を発信できるので、携帯電話をファラデーバッグに入れています。
    14. 携帯電話を使用する場合は、スピーカー フォンを使用し、携帯電話を 3 フィート以上離して使用してください。携帯電話を使用する時間を大幅に減らすよう努めてください。代わりに、有線接続を介してインターネットに接続しているときに使用できる VoIP ソフトウェア電話を使用してください。
    15. 画面からのブルーライトとEMFの両方がメラトニンの生成を阻害するため、就寝の少なくとも1時間前(できれば数時間前)に携帯電話やその他の電子機器を使用しないでください.
    16. EMF の影響はカルシウム チャネル遮断薬によって軽減されることがわかっているので、十分なマグネシウムを摂取していることを確認してください。ほとんどの人はマグネシウムが不足しているため、EMF の影響が悪化します。
    17. Pall は、Nrf2 のレベルを上げると EMF の損傷を改善できる可能性があることを示唆する論文22を発表しました。Nrf2 を活性化する簡単な方法の 1 つは、Nrf2 を高める食品化合物を摂取することです。例としては、スルフォラファンを含むアブラナ科の野菜、フェノール系抗酸化物質が豊富な食品、長鎖オメガ 3 脂肪の DHA と EPA、カロテノイド (特にリコピン)、アリウム野菜の硫黄化合物、キャベツ群のイソチオシアネート、およびテルペノイドが豊富な食品が挙げられます。 、カロリー制限(断続的な絶食など)および一酸化窒素シグナル伝達経路の活性化(その方法の1つは一酸化窒素ダンプ運動です)もNrf2を上昇させます.
    18. 水素分子は、パーオキシナイトライトなど、放射線に反応して生成されるフリーラジカルを標的にすることが示されています。研究によると、水素分子がこの損傷の約 80% を軽減できることが示されています。
    19. 特定のスパイスは、ペルオキシナイトライトによる損傷を防止または修復するのに役立ちます. フェノール類が豊富なスパイス、特にシナモン、クローブ、ショウガの根、ローズマリー、ターメリックは、ペルオキシナイトライトによる損傷に対していくつかの保護効果を示しています.


    EMFとRF放射は増大する健康リスクであり、5Gの本格展開を阻止する必要がある

    こちらのNOTEもかなり古い記事ですが参考になります