ニューヨーク対トランプ裁判の判決:全34件の罪状で有罪

トランプ

ニューヨークの陪審は木曜日、ドナルド・トランプ前大統領に対し、2016年の選挙前に当時の個人弁護士がポルノ女優ストーミー・ダニエルズに口止め料を支払ったことに関連する業務記録の偽造の重罪容疑34件すべてで有罪の評決を下した。


トランプ氏は、いかなる犯罪でも有罪判決を受けた初の元米国大統領である。


判決は急遽、7月11日午前10時(東部標準時)に予定された。これは、トランプ氏が共和党の大統領候補として正式に承認される予定の、ミルウォーキーでの共和党全国大会開始の4日前だ。


保釈されずに自由の身となっているトランプ氏は、それぞれの罪状で最大で懲役4年の刑に処される可能性がある。


判決文が読み上げられている間もトランプ氏の態度は変わらなかった。息子のエリック・トランプ氏は、陪審長が判決文を読み上げるたびに各罪状について「有罪」と繰り返し述べた後、怒った様子を見せた。


12人からなる陪審員団は2日間で10時間未満の審議を行った後、評決に達した旨の通知をフアン・メルチャン裁判官に送った。


発表前、トランプ氏、彼の弁護士、検察官、記者は、陪審員が午後4時30分に解散すると予想していた。


判決が発表されてから数分後、トランプ氏は腕を組み、諦めたような表情で法廷に座っていた。評決書に記入する時間を求めていた陪審員らは、約30分後に法廷に招集された。


77歳のトランプ氏はこの事件で、 2016年の選挙前に当時の個人弁護士マイケル・コーエン氏からポルノスターのストーミー・ダニエルズ氏に支払われた13万ドルに関連する業務記録の偽造の34件の重罪で起訴された。


「陪審員の皆さん、皆さんの尽力に心から感謝します」とマーチャン氏は判決文を読み上げた後語った。「仕事、家族、その他の責任から離れて過ごすには長い時間でした。」


「私はあなたの献身と努力を本当に尊敬していることを知ってほしい」と裁判官は語った。


マンハッタン最高裁判所での判決は、陪審員がコーエン氏とナショナル・エンクワイアラーの元発行人デビッド・ペッカー氏の証言の読み上げと、水曜日にマーチャン氏から受け取った法的指示の一部を聞いた数時間後に下された。


トランプ氏は犯罪で起訴された初の元米国大統領だ。


この訴訟で問題となっている記録は、トランプ氏とトランプ・オーガニゼーションが、 2006年にトランプ氏と性的関係を持ったと主張するダニエルズ氏に口止め料を支払った元フィクサーのコーエン氏に支払った返金に関するものだ。


コーエン氏は裁判で、トランプ氏がダニエルズ氏の報道が自身の大統領選挙運動にダメージを与えるのを防ぐため、2016年の選挙前にダニエルズ氏に賄賂を贈るよう指示したと証言した。



ニューヨーク対トランプ裁判の判決:全34件の罪状で有罪 | テレグラムニュース速報