40 歳以下のリンパ腫の診断が津波のように増加中

新型コロナ接種を受けて、2-3年後に心臓発作を起こす若い女性たちが、急増していると、マキス医師が警告している。

心臓発作


2023年終わりから2024年初めの「突然死の冬」について。


「突然死の夏」(2023年)では、新型コロナワクチン接種後に、1000人以上が突然死したことを報告した。


その多く新型コロナmRNAワクチン強制接種の犠牲者であった。


2024年になっても何も変わらず、突然死は非常に高いペースで続いている。


この記事では、新型コロナワクチン接種後2-3年の、若い女性の死亡例60件のうち、10例を取り上げる。


2024年3月31日
フロイド・メイウェザーのアシスタントである、マリキット・ラウリコ(47歳)が、急死した。


「最近のドバイ旅行中に気分が悪くなった。」と語っていた。


心臓発作だったのかもしれない。


2024年1月24日
オレゴン州シャーウッドに住む、29歳のミーガン・ギラムが、心停止により死亡。


2024年1月21日
カリフォルニア州デイリーシティに住む、49歳のキャロル・マリー・テレン・フローレスが「酷い心臓発作」で死亡した。


彼女には「心臓病の既往歴はなく、皆を驚かせた」。


2024年1月12日
ボストン在住のブラジル人インフルエンサー、ミラ・デ・ジーザス(35歳)が、新型コロナワクチンにより全身に乾癬を発症した後、心停止により死亡。


2024年1月8日
英国ノッティンガムに住む、23歳のモリー・チャットウィンが、ホッケーのプレー中に心停止。


彼女は現在、除細動器の購入資金を募っている。


2024年1月1日
イギリスで、22歳のシアン・ロバーツが心停止し、5日後の2024年1月1日に死亡した。4歳の娘が残された。


2024年1月
アーカンソー州アーカンソー市に住む、30歳代のヘアスタイリスト、ジャニーン・ハゲバーグが、2024年1月に心臓発作を起こし、2月23日にも仕事中に緊急事態に見舞われた。


「明日の午後、除細動器を装着しに行く」と語った。


2024年1月
スペインに住む、23歳のアルバ・セブリアン(中距離ナショナルチャンピオン)が、練習中に心臓発作で急死。


2023年12月26日
オーストラリアに住む、中等学校教師の32歳、ジェナ・グッドさんが心停止し、14分間心臓が停止した。「痙攣と吐血」


2023年12月6日
ウィスコンシン州シボイガンに住む、32歳のアリエル・テンペスト・フィビガーが、2023年12月6日、心停止で突然死亡した。


彼女は、新型コロナワクチンを接種した、医療従事者であった。


世界保健機関(WHO)によると、新型コロナワクチンによる負傷者の65%は、女性である。


女性たちは、新型コロナmRNAワクチンに伴う、心臓損傷のリスクについて、インフォームド・コンセントを受けていない。


心臓障害の初期リスクは、2つの大規模研究(タイのMansanguanら、スイスのMullerら)によって確認されているように、1回の接種につき30分の1である。


30回に1回(1回の接種で心筋障害)というのは、最初の心筋障害のリスク(ファイザーまたはモデルナの、2回目または3回目の接種後)のみであり、長期的な心筋障害のリスクには対処していない。


*マッカロー医師が提唱する、スパイク蛋白の解毒を参考にしてほしい。






ワクチン薬害責任者の訴追

1. ワクチン接種時、人々は「免責同意書」に署名する必要がある。この同意書でワクチン供給者を免責できるか?
できない。


供給者が虚偽の陳述をしたため、
同意書は無効である。


供給業者が責任を負うかどうかにかかわらず、政府は虚偽の宣伝をしたため、
責任を負わなければならない。


2. 政府官僚が責任や賠償から逃れることは可能か?できない。
有罪と判断された場合、彼らは個人的に被害者に賠償しなければならない。
#DNA #ワクチン #ファイザー #モデルナ #バイオ #遺伝子



40 歳以下のリンパ腫の診断が津波のように増加中 | テレグラムニュース速報