雇用主はワクチン接種による傷害の責任を負うオーストラリア

オーストラリアの裁判所、ジャブの使用を義務付けた雇用主に傷害に対する法的責任があるとの判決 #裁判 #判決

オーストラリア


南オーストラリア州の裁判所は、従業員への新型コロナウイルスワクチン接種を義務付けた雇用主に対し、ジャブによる負傷について法的責任を負わせるよう命じた。


雇用裁判所は、後に心膜炎を発症したSA政府職員ダニエル・シェパードさん(44歳)への賠償を命じた。3回目の接種が義務付けられているABCニュースによると、2022年2月にワクチンが接種される予定。


サウスカロライナ州政府は2022年1月、緊急事態管理法に基づき、特定の労働者が仕事を維持するためにブースターの取得を義務付けた。


児童保護省(DCP)の元児童・青少年支援職員であるシェパード氏は、管理業務を行う2か月のパートタイムを除いて、2022年3月から仕事を休んでいる。


彼はワクチン関連の傷害労働者補償を請求したが却下されたが、裁判所は彼の控訴で彼に有利な判決を下した。控訴裁判所は、同氏には週ごとの収入補助や医療費など、ワクチンによる傷害に対する労働者補償を受け取る権利があるとの判決を下した。


DCPはシェパードさんの負傷は緊急事態管理法指令の結果であるため責任から除外されるべきだと主張したにもかかわらず、法廷判事マーク・カリゲロスはワクチン接種義務とDCPが負傷の「重大な寄与原因」であるとの判決を下した。


同氏は「シェパード氏は職務を継続し、給与を受け取るために3回目のワクチン接種が必要だった」と述べた。 「彼がDCPに雇用され、医療現場で働いていなければ、ワクチン接種義務は彼には適用されなかったでしょう。」


「シェパード氏が仕事を続けるために必要でなければ、3回目のワクチン接種を受けることはなかったであろうことがわかったことを考えると、雇用と負傷との関連性は強い」とカリゲロス氏は述べた。


「新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた人の中には、結果として怪我を負う人がいるのは驚くべきことではない」とカリゲロス氏は述べた。 「州は、医療現場で働き続けるためにシェパード氏にワクチン接種を義務付けた。それは、公衆および一般の人々、特に医療サービスを受けている人々の感染リスクを保護し、軽減することを目指していたからである。」


「公衆衛生を維持したいという国の要望に応じてシェパード氏が経済的および医療的支援を拒否されるとしたら、それは皮肉で不当だ」と判事は付け加えた。


法廷文書には、2021年8月に初めての新型コロナウイルス感染症ワクチン接種を受けたシェパードさんの医学的反応(関節痛、風邪やインフルエンザの症状、軽度の胸痛など)が詳しく記載されている。 2回目の投与後も同様の症状が記録された。


最初の2回のワクチン接種の時点で、シェパードさんはバプティスト・ケアSAで働いていたが、バプティスト・ケアSAは新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を義務付けていなかった(ただし奨励はしていた)。


2022年2月、シェパードさんは追加接種を受けた。翌日、彼は激しい胸痛に襲われました。痛みは2週間にわたって着実に悪化し、その時点であまりにも「耐えられない」痛みだったので、心臓発作を起こしているのではないかと思い、救急車でアシュフォード病院に運ばれた。


心臓専門医は彼をワクチン接種後の心膜炎と診断した。カナダ保健省は次のように説明しています「心臓の外側周囲の内層の炎症」、「mRNA 新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種後に報告されたまれな反応」。


南オーストラリア州政府の報道官は、裁判所の決定は緊急事態法と同様に「検討される」と述べた。


「この決定は、州政府の職員が職務の一環としてワクチン接種を受ける必要があり、ワクチンの副反応を経験した非常に少数の人々に該当する場合、彼らが経験した傷害は労災補償法で補償される可能性があることを意味する」 」と広報担当者がABCによると語った。「これは、労働者が業務に起因する傷害に対して適切な支援を確実に受けられるようにするという、労働者災害補償の通常の原則と一致している。


「政府は裁判所の決定を検討し、緊急事態管理法の有効性への影響についてアドバイスを得るつもりだ」と報道官は付け加えた。


ワクチンの使用を義務付けた雇用主に傷害に対する法的責任があるとの判決 オーストラリア | テレグラムニュース速報