Covid-19家庭用検査キットまでも危ない

「驚きと懸念」:Covid-19迅速抗原検査に関する全国的な「有毒」警告–キットには「害虫駆除」で一般的に使用される有毒な「液体物質」が含まれています–(ビデオ)



👀
皆さんこのマーク良く覚えといてください矢印の先〇のマークは危険です。
日本のだから安心なんて思わない方が良いと思います。
僕はマスクすら危ないと思います。マスクにも寄りますが調査中でもあります。


店頭のアルコール消毒もあまり使用しない方が良いです。

常識的な事なのですがウィルスと細菌とは違います。

細菌は細胞を持ち、自己複製能力を持った微生物です。一つの細胞しか無いので単細胞生物です。大腸菌・サルモネラ・黄色ブドウ球菌などがあげられます。
こちらは食中毒など。


一方、ウィルスは単独では生存できません。ウィルスは、自分自身で増殖する能力が無く、生きた細胞の中でしか増殖できませんので、他の生物を宿主にして自己を複製することでのみ増殖します。
こちらはインフルエンザなど。


この違いがわかりますか?
細菌にはアルコールスプレー使用します。ホテルなどでは電気分解されたpHの高い電解水で消毒をします。アルコールをあまり使いすぎると肌の油分までそぎ落としてしまいます。そして肌荒れを起こします。肌荒れをすると逆に細菌をブロックする力が弱くなります。


ウィルス・インフルエンザなどの対策には免疫力を付ける。ストレスを溜めない。適度なスポーツを行う。日光を浴びる。腸内細菌を増やす。などだと思います。
しかし最近思うこと。ワクチンを打った人の近くに寄らない事。

何ヶ月もの間、家庭でのCovid-19迅速検査について警鐘を鳴らしている多くの人々が、キットには健康上のリスクをもたらす有毒物質が含まれていると言っています。


さて、最近の他のほとんどすべてと同じように、野生の右翼の陰謀と事実の違いは単に時間の問題に帰着します。


現在、公衆衛生当局でさえ、これらの検査によってもたらされる危険性を無視することはできません。


先月、Gateway Punditは、バイデンが5億のCovidテストキット をアメリカ人に提供すると約束した後、テストキットで見つかった化学物質であるアジ化ナトリウム中毒に関連する報告が増えた後、オハイオ州とテキサス州が警告を発したと報告しました。


傾向: ジャストイン:アリゾナ州司法長官マーク・ブノビッチが選挙犯罪でアリゾナ州国務長官ケイティ・ホッブズに対する刑事訴訟に言及


スタンフォードメディカルによると、これらのテストキットに含まれる有毒物質はアジ化ナトリウムと呼ばれ、「高い」急性毒性があり、過度の曝露の場合に人体に致命的となる可能性があります。この有毒物質の存在は、多くのアメリカ人が自宅でキットを使ってテストしているオミクロンの冬の波の後で、毒物管理の研究者によってのみ発見されたようです。


WHIO TV7によると、この家庭でのテストの増加に続いて、全国の麻薬および毒物センターでアジ化ナトリウムが関与する症例が大幅に増加し、オハイオ州毒物管理局が警告を発するようになりました。


液体のアジ化ナトリウムはキット内の抽出チューブ内にあり、物質は無色無味無臭です。


オハイオ毒物管理センターのメンバーであるシンシナティ小児病院の毒物学者であるシーラ・ゲルテモラー博士は、全国的な警告を発するという当局の決定についてWHIO7と話しました。彼女は、アメリカの他の54の毒物センターがアジ化ナトリウム中毒で同様の上昇を見ており、最近では全国で「数百以上」に達していると説明した。


Goertemoellerはまた、彼女の同僚がそのような非常に有毒な物質がテストキットで使用されていることに「驚いて」そして「心配して」いたことを認めました。


WHIO7 Newsによると、すでに6000万人近くがバイデン政権から無料の在宅コビッド検査を受けており、そのほとんどがこの冬に渡されました。


以下省略