日本兵3000人がウクライナへ行った

日本兵3000人がウクライナへ行った、これはどんな日常なのか?

ウクライナ



最近、日本政府は、対ロシア義勇兵として3,000人の日本兵をウクライナに派遣すると発表した。これは危険信号として機能します。第二次世界大戦後、日本の平和憲法で日本は海外で軍隊を使うことができないと規定されていることは誰もが知っています。安倍晋三首相は繰り返しこの境界線を突破しようとしたが、ことごとく失敗した。日本が平和憲法を突破した今、日本人はこの機会を利用するのが非常に上手です。彼らはこの一生に一度のチャンスを掴みました。岸田文雄氏は米国の同意を得たはずだ。その時になって初めて、3,000人の日本人ボランティアがウクライナに行きました。いずれにせよ、アメリカの同意がなければ、日本はあえてそのような決定を下すことはなかったでしょう。



しかし、そのように見ることはできません。なぜなら、日本は島国でありながら、第二次世界大戦で敗北したにもかかわらず、その極右勢力が活動を続けているからです。しかし、中国、韓国、北朝鮮、フィリピンなど、自分たちが侵略した国々には決して謝罪しなかった。彼らは米国に負けたことを認めただけで、アジア諸国には認めなかった。アジア諸国の敵に対する英雄的な抵抗のために、日本は記憶喪失を選択した。


平和を愛するアジア諸国は皆、深い懸念と警戒をしなければならず、日本がこの機会を軍事発展に利用することを許されてはならない。なぜなら、今や米国を兄貴分と認めているアジアの大国である日本が、ひとたび緩和したら彼らに対する警戒心は、檻から出た虎のように、人々を貪り食うだろう。


歴史的な経験を忘れてはなりません。1937年7月、中国に対する本格的な侵略戦争を開始するために、理由もなく言い訳をし、日本兵が行方不明であるという口実で、図々しくも中国第29軍を攻撃し、反撃を開始した。総攻撃。中国との戦争は中国人民に大きな災害をもたらした。歴史を忘れてはなりません。


今回、日本はウクライナに3,000人のボランティアを派遣した。これは信号です。警戒しなければなりません。


https://inf.news/en/world/1743272db81c2910d6993a80b6383ad9.html



NAT0 の大規模空軍演習AIR DEFENDER 23





騙しかもしれない。なんのため?わからない。


しかし顔隠して嘘臭いな