ワクチンは人類のバーコード化 - 奴隷制度

ワクチンは人類のバーコード化、身体活動データを使用した暗号通貨システムを調べてみた


ネットには、現実にあったよ。記事にはリンクを載せて置きます。自分の目で見て確認されてください。


ワクチンを打った人はバーコードを読めるのか?調べてみた方が良いですね。
この先バーコードが無いと生きて行けなくなるらしい。


僕はワクチンを一回も打ってはいないけど、もう充分戦って来たかからいいや!
強制的になったら仕方がないですね。そんなに長くは生きられないしね


こんなことになるなんて最悪。。。


身体活動データを使用した暗号通貨システムは、マイクロソフトが作ったもので特許をビル・ゲイツが取得しているらしいです。


試しにワクチンを打った方を読み込んでみてください。
(;^ω^)



バーコード









1. WO2020060606 - 身体活動データを使用した暗号通貨システム

概要

ユーザに提供されるタスクに関連する人体の活動は、暗号通貨システムのマイニング プロセスで使用される場合があります。サーバーは、サーバーに通信可能に結合されているユーザーのデバイスにタスクを提供することができる。ユーザのデバイスに通信可能に結合された、またはデバイスに含まれるセンサは、ユーザの身体活動を感知することができる。身体活動データは、感知されたユーザの身体活動に基づいて生成され得る。ユーザーのデバイスに通信可能に結合された暗号通貨システムは、身体活動データが暗号通貨システムによって設定された 1 つまたは複数の条件を満たしているかどうかを検証し、身体活動データが検証されたユーザーに暗号通貨を授与することができます。

https://patentscope2.wipo.int/search/en/detail.jsf?docId=WO2020060606







特許 060606 マイクロチップとは何か 有名なビル・ゲイツの特許番号


今日、コカ・コーラが製造した飲料にはクリスチャンの赤ちゃんの血が含まれている、爬虫類が米国政府を支配しているなど、多くの筋書き理論があります。特定の技術的出来事は、聖書の預言によって解釈されます。ビルダーバーグ クラブの存在、CIA の MK-ウルトラ プロジェクト、疑わしい政治活動へのジョージ ソロスの資金提供など、否定できない合理的な事実がいくつかあります。


特許 WO / 2020/060606 は、公式に記録された事実に関するものです。2020 年 3 月 26 日に登録されました。ゲイツ氏が社長を務める Microsoft Technology Licensing LLC によって作成され、2020 年 4 月 22 日に国際的な地位を獲得しました。「身体活動データを使用した暗号通貨システム」がこの特許のタイトルです。


オンライン特許出願は次のように要約できます。ユーザーに提供されるタスクに関連する人体活動は、暗号通貨システムのマイニング プロセスで使用できます。サーバーは、サーバーに接続されているユーザーのデバイスにタスクを提供できます。ユーザーのデバイスに取り付けられた、またはデバイス内に配置されたセンサーは、ユーザーの身体活動を検出できます。身体活動データは、ユーザが達成した身体活動に基づいて生成することができる。ユーザーのデバイスに接続された暗号通貨システムは、身体活動によって生成されたデータが暗号通貨システムによって設定された条件を満たしているかどうかを検証し、身体活動データが検証されたユーザーに暗号通貨を発行できます。」


つまり、暗号通貨のおかげで、人の毎日の身体活動を監視するチップが体内に配置されます。条件が満たされた場合、その人は何かに費やすことができる特定のボーナスを受け取ります。


本発明の詳細な説明では、28 の概念を使用してデバイスを使用する方法を説明します。


また、発明が意図されている国のリストも提供します。個別に言及されている国連のすべてのメンバーを持ついくつかの地域組織があります。これらには、欧州特許庁、ユーラシア特許機構、およびアフリカの 2 つの知的財産保護機構が含まれます。


マイクロチップを体内に挿入することは新しいことではありませんが、フリーメーソンの青少年識別プログラムが米国でしばらく使用されており、サイボーグと自称する人々は、これらの実践の結果としてさまざまなインプラントを展示しています. Microsoft は、特許コード番号 060606 を付与しました。

ビル・ゲイツ


ビル ゲイツの名前は、製薬会社、ワクチン、WHO の資金調達に強い関心を持っていることから、今日、常に言及されています。世界のメディアは、ビル・ゲイツを偉大な慈善家として強調し、攻撃や批判から守ろうとしていますが、つながりのネットワーク全体を隠すことはまずありません.


ビル・ゲイツの会社は、デジタル著作権に対処するデジタル プロジェクトである ID プロジェクト ID2020 アライアンスにも関与しています。アライアンスは、ロックフェラー財団、デザイン スタジオ IDEO.org、コンサルティング会社のアクセンチュア、およびさまざまなワクチンを積極的にサポートしています。Gavi は、これらのワクチンを世界中に配布する会社です。このアライアンス事務局はニューヨークにあります。


ワクチン同盟は、主にアフリカとアジアの国々を対象としています。ヨーロッパでは、組織はアルバニア、クロアチア、モルドバ、ウクライナ、コーカサス、グルジア、アルメニア、アゼルバイジャンでのみ活動しています。そして、それらのすべてが創設パートナーとしてリストされています。


2020 年 2 月以来、Gavi はワクチン同盟のコロナウイルスの発生に焦点を当ててきました。この組織の CEO は Seth Berkley 博士です。


特許番号の神学的解釈はおそらく宗教の専門家に任せるのが最善ですが、ロックフェラー財団、マイクロソフト、製薬ロビー、世界銀行グループなどの組織や企業との間に強いつながりがあることは明らかです。各国政府は、伝染病、病気、飢饉に責任があります。彼らは常に政府の役割を果たそうとしており、自分たちだけでは対処できないという事実に焦点を当てています。しかし、この問題に対する中国の立場を実現するという考えは西側に受け入れられておらず、彼らは自分たちの力を分かち合いたくないので受け入れたくないので、グローバリストのメディアは非難が置かれるキャンペーンを続けます西以外のどこでも。コロナウイルスに関する新しい情報が出現し始めると、彼は、中国についての虚偽の話だと彼は言います。



医療個人データ提供、希少症例などで大幅拡充…創薬・治療法研究を推進


健康診断とかも無料で日本政府から送られ来ますよね。あれも危ないと言う事ですよ
無料ほど恐ろしい物は無いですからね。まさか政府が。と思っていたら大間違いでは無いのかな。薬の開発のためにとは言うが怪し過ぎるのです。