モデナDNA汚染ががんを引き起こす可能性があることを認める

新たな査読により、COVID-19 mRNAワクチンのバイアルに数十億個のDNA断片が残留していることが判明した。つまり、バイアルはDNAで汚染されているということだ。この発見は公表されていない。

moderuna


⚠️🚨危険にさらされる子供たち: 若者のがん発症率がCOVIDワクチン接種と関連して急増! 世界的に有名な腫瘍学者が即時回収を要求🚨


がんとHIVの著名な研究者であるアンガス・ダルグリッシュ教授は、mRNA COVIDワクチンを「根本的に欠陥がある」として緊急に回収するよう呼びかけている。教授は、幼児の生命を脅かす反応と、若年層における急速発症がんの爆発的増加との直接的な関連を強調している。これは、重要な腫瘍抑制遺伝子を抑制する可能性のあるスパイクタンパク質の制御不能な生成と関連している。


最近の#FDA調査結果では、幼児の発作や成人の肺塞栓症といった重篤な副作用が#COVIDワクチンに明確に関連していることが確認されています。ワクチンによる潜在的な被害報告が 100 万件以上、死亡例が 18,000 件確認されており、これらの統計は公衆衛生への対応の憂慮すべき状況を浮き彫りにしています。


この危機の中で、ワクチンに関連するリスクを軽視したと一部の人が考える推奨や公の声明に対して、アンソニー博士#Fauciと#CDCに向けられた重大な批判を含む、欺瞞の告発が表面化しています。


ダルグリッシュ教授の警告は、ワクチンの改変#mRNAに根ざしており、これにはN1-メチル-シュードウリジン(m1Ψ)が含まれており、mRNAが体内に無期限に存在することを可能にする。これにより、スパイクタンパク質の活動が長引いて、がんの予防に不可欠な腫瘍抑制遺伝子の機能が阻害され、特に、ワクチン接種後に観察される異常に攻撃的で急速に進行する疾患を指す造語である「ターボがん」に直面している若年で以前は健康だった個人にとって懸念される。


さらに、集団予防接種キャンペーンの時期と、若い男性の大腸がんや若い女性の子宮頸がんなどの悪性がんの急増(現在、これらのグループにおける#cancer死亡の主な原因)との相関関係については、早急な調査が必要です。これらのがんは、以前よりも蔓延しているだけでなく、より毒性が強く、治療に対する耐性も強くなっています。


緊急性をさらに高めているのは、mRNA #vaccine開発に携わるイスラエルの科学者が、ワクチン 1 回分に「オンとオフを切り替える」ことができる「数十億のナノロボット」が含まれている可能性があることを明らかにしたことです。これは、前例のない生物学的操作の可能性を示唆しています。この発表は、 #Pfizerおよび#Modernaワクチンのバイアルに過剰な異物#DNAが含まれていることが発見されたことと相まって、がんの増殖を促進する可能性のある遺伝子破壊への懸念をかき立てています。



ダルグリッシュ教授の経験、政府のデータ、最近の科学的研究から得られた証拠を総合すると、特に若者のがん発症率を加速させる潜在的な役割に関して、COVIDワクチンの長期的影響について包括的かつ透明性のある高レベルの調査が必要であることがわかります。憂慮すべき傾向が引き続き現れているため、私たちの子供たちと将来の世代の健康は危うく、これらの深刻な懸念に対して即時かつ強力な対応が必要です。

日本におけるCOVID-19パンデミック中の3回目のmRNA脂質ナノ粒子ワクチン接種後の年齢調整癌死亡率の上昇

Cureus | Increased Age-Adjusted Cancer Mortality After the Third mRNA-Lipid Nanoparticle Vaccine Dose During the COVID-19 Pandemic in Japan


新型コロナウイルスのmRNA「ワクチン」ががんのリスクを大幅に高めることが証明された
2024年4月8日に発表された査読済みの日本の新しい研究では、日本での3回目のmRNA脂質ナノ粒子ワクチン投与後に「すべてのがんの年齢調整死亡率が統計的に有意に増加した」ことが判明した。
日本の研究は、2022年に日本の3分の2に新型コロナウイルス「ワクチン接種」後のいくつかのがんの増加を説明するいくつかの研究といくつかの作用機序を引用している。


世界中の医師たちは、50歳未満の人々におけるがんの流行が拡大していることに警鐘を鳴らしています。

医師の皆さんもまだ当惑していることでしょう…いったい何がこの癌の急増の原因になっているのでしょうか…?
がん研究者が語る:コロナワクチン接種後にターボがんが急増
ターボがんとは一体何でしょうか?

数十年にわたりがん研究に携わってきたデイビッド・ラスニック博士は、COVIDワクチン接種と「ターボがん」と呼ばれる新しい現象を結び付けている。

この「遺伝子注射」は人々の免疫系を破壊し、通常は自然に消える完全に良性の腫瘍と闘う能力を奪ってしまう。免疫系が破壊されると、無害な腫瘍が致命的な病気に変わるのだ。


ラスニック氏は、COVIDワクチンの導入により、がんが大幅に増加したと指摘した。以前は、さまざまながんが致命的になるまでに何年も何十年もかかっていたのが、今では数ヶ月で済むようになった。


COVIDワクチンは、本質的に克服できないターボガンを引き起こしており、責任者に責任を負わせるときが来ている。


2024年1月/2月のがん治療費が大幅に上方修正されました。
ワクチン接種後に癌が増加しなかったと言っている人たちは、あなたに嘘をついています。
2024 年の追加収益は 333 億ドル - これを引き起こした人々によるもの。
亡くなった愛する人たちが支払ったメルセデスに乗る。


ターボガンを引き起こす実験的な mRNA 注射を人々に注射し、その後、ガンを治療する会社を買収する - 素晴らしいビジネス モデルです! 🤬🤬🤬


これはファイザーのスーパーボウルの広告で、科学主義を称賛し、次の「戦い」であるがんを宣言しています。


皆さんに思い出していただきたいのは、ファイザーの mRNA ワクチンには、T 細胞防御システム (がん細胞を殺す役割を担う) を破壊するだけでなく、がんを引き起こす物質として知られている SV40 も含まれているということです。


問題を作り出し、解決策を提案する - ロックフェラーの医学が実践されている。この人たちは完全に悪人だ。
🤮🤮🤮