日本企業インテグリカルチャーと培養エビの共同研究

日本企業インテグリカルチャーと培養エビの共同研究を行うほか、韓国のCJ第一製糖、ベトナムの水産業者Vinh Hoan、日本の東洋製罐グループホールディングス、リアルテックホールディングスから出資を受けてきた。

Umami BioworksとShiok Meatsが合併計画を発表 | Foovo -フードテックニュースの専門メディア-


エビから牛肉の培養へ転換日系も出資のシオック・ミーツ
エビから牛肉の培養へ転換 - NNA ASIA・シンガポール・食品


イスラエルのMarineXcell、独自の核初期化技術で細胞培養によるエビ、ロブスター、カニ開発に挑む【創業者インタビュー】 | Foovo -フードテックニュースの専門メディア-


カルネット コンソーシアム、「日本初の培養肉製造ライン」の整備方針について検討、東京女子医大 清水教授も交えて細胞農業の基礎研究から事業化までの取り組みを議論

培養肉


細胞から食品や原料などを作る「細胞農業」の実現を目指すインテグリカルチャー株式会社(本店:東京都文京区、代表取締役:羽生 雄毅、以下「当社」)は、当社が運営する細胞農業のオープンイノベーションプラットフォーム「CulNet®︎(カルネット) コンソーシアム」(以下「コンソーシアム」)の2023年度第4回の運営委員会(以下「本委員会」)を開催いたしました。本委員会では、コンソーシアム参画企業全14社に対して、2024年度から当社が開始する日本初の「培養肉(細胞性食品)の生産」についての取り組み、海外の同業界の最新動向、アカデミアの研究状況等を共有いたしました。


カルネット コンソーシアム、「日本初の培養肉製造ライン」の整備方針について検討、東京女子医大 清水教授も交えて細胞農業の基礎研究から事業化までの取り組みを議論 | インテグリカルチャー株式会社のプレスリリース


日本でも培養肉の生産を始めている、肉もやはり駄目だな危ない


CellMEATが約10.3億円を調達、培養エビや培養甲殻類製品の開発を加速


培養エビ

培養エビ
CellMEATが約10.3億円を調達、培養エビや培養甲殻類製品の開発を加速 | Foovo -フードテックニュースの専門メディア-