シンガポールでの培養肉生産中止 次は培養シーフード

シンガポールでの培養肉の生産を中止し、同地域の代替タンパク質源の将来に暗い影を落とした。培養シーフードの新興企業、シオック・ミーツとウマミ・バイオワークスが合併

旨味シーフード

IFFIがトゥアス施設を閉鎖する中、コー・ポー・クーン博士はハイテク農業の回復力を擁護

コー・ポー・クーン


シンガポールの中国メディア「聯合早報」の5月初旬のインタビューで、人材・持続可能性・環境担当上級国務大臣のコー・ポー・クーン博士は、国内の野菜生産量が前年比で約15%減少したことについて語った。
コー博士は、都市国家の農業経営者が最近直面している課題を認識し、多くの農場が新しい場所へ移転し、水耕栽培のようなハイテクシステムが導入されていることなどの要因を指摘した。


COVID-19パンデミックはこの移行期間を混乱させ、技術部品の輸送に遅れが生じ、エネルギーコストが増加したと彼は付け加えた。


水産物生産者は、サプライチェーンの混乱やエネルギー・飼料価格の上昇といった課題にも直面し、生産性が低下し、国内の水産物生産量は前年比で約7%減少した。


Dr Koh Poh Koon defends high-tech farming resilience amid I.F.F.I closes Tuas facility - Gutzy Asia



今年3月、イート・ジャストはベドック工場での培養肉生産を一時停止したとストレーツ・タイムズ紙が報じた。

フーバーズ・ブッチャーリーは昨年12月に同製品の提供を中止した。
同月、シンガポールを拠点とする培養シーフードの新興企業、シオック・ミーツとウマミ・バイオワークスが合併すると報じられた。


旨味


旨味培養シーフード🤮🤮🤮
これから寿司などは喰えなくなる
きっと味の素使うでしょ
After a promising beginning, is Singapore's cultivated meat industry on the way to the slaughterhouse? - CNA


うまみの養殖魚:新鮮で持続可能な魚介類への共同アプローチ


Umami's cultivated fish: a collaborative approach to fresh and sustainable seafood.


Umami Meats はシンガポールを拠点とする企業で、養殖魚介類のオペレーティング システムを開拓しています。
当社は、幹細胞生物学、機械学習、自動化を使用して、漁獲されていない魚介類を養殖するための標準のモジュール式生産プラットフォームを開発しています。当社の使命は、IUCN レッド リストに掲載されている種に焦点を当てて地球を再生しながら、水銀、抗生物質、マイクロプラスチック、海洋汚染物質を含まない、安定的で回復力のある地元産の魚介類製品を生産することです。


毎年 2 兆匹以上の魚が捕獲されています。このままのペースで続けば、一世代以内に海と地球が認識できないほど劣化すると科学者は警告しています。Umami Meats の新しいタイプの食品システムは、魚を海に留めておくというものです。
Umami's Cultivated Fish: A collaborative approach to fresh and sustainable seafood


これら日本の食品や太陽光発電ソーラーパネルの問題も全てシンガポールに関係している事がわかりました!

全ては、お金のためです。アメリカと中国共産党が深く関りを持ち日本の企業もそこに関わり特定人物も確認をすることが出来ました。


千葉ニュータウン いつもと全く同じ場所での地震 | テレグラムニュース速報