ケネディ氏の発言の要約は以下のとおりです。

彼は「反ワクチン派」や「陰謀論者」というレッテルを拒否し、そのようなレッテルは民主党とメディアが彼を黙らせるために利用していると主張している。


• 5Gと腫瘍の一種である神経膠芽腫との間に関連性があることを示唆する証拠があります。


• エドワード・スノーデンによって明らかにされた政府による国民の監視は陰謀論ではありません。


• ケネディ氏は、アトラジンが性転換を引き起こすと主張したことは一度もないと明言したが、アトラジンがカエルに及ぼす影響、つまり一部のオスのカエルをメスに変えたり、他のカエルを不妊にしたりしたことを示す研究を引用している。


• 最近の世代では、女子の思春期が早く訪れるという顕著な傾向が見られます。


ケネディ氏は、化学物質への曝露など、環境要因の可能性を調査すべきだと提案しています。プラスチックに含まれる BPA などの内分泌かく乱物質と、それが人間の発達に及ぼす潜在的な影響については広く知られているとケネディ氏は指摘しています。


• ケネディ氏は自身の見解が科学に基づいていると主張しており、その主張を裏付ける査読済みの研究を引用している。



アトラジン(Atrazine, 2-chloro-4-(ethylamine)-6-(isopropylamine)-s-triazine)はs-トリアジン環を持つ有機化合物。 欧州連合では使用が禁じられているが、世界で最も多く使われる除草剤の一つ。


(日本ではシンジェンタから商品名「ゲザプリム®」で販売されている)。




とうもろこし・ヤングコーンなどを食べていると農薬の影響で男の子は精子が減ってしまう。女の子は初潮が早く来てしまう。


初潮


ガスクロマトグラフィー質量分析法で確認された牛のアトラジン中毒

40頭の牛のうち10頭が、さまざまな化学物質が保管されていた納屋に侵入してから48時間以内に死亡した。生き残った牛の中には、よだれ、筋肉の震え、興奮を示したものもいた。現場で2頭の牛の死後検査が行われ、非特異的な中等度から重度の肺うっ血が明らかになった。それぞれ異なる牛の肝臓とルーメンの内容物を、農薬やその他の化学分析物の検出用に検証された定性的な多残留GC-MS法を使用して分析した。この方法を使用して、肝臓とルーメンの内容物サンプルからの抽出物を、アトラジン(非希釈標準)およびアトラジンを添加したマトリックスマッチドコントロールサンプルと比較した。GC-MS分析により、本症例の肝臓とルーメンの内容物サンプルで、保持時間約13分の215 m/z(NISTマッチ>97%)のアトラジンが検出されました。この群れの牛のサンプルからアトラジンが検出され、臨床歴と合わせると、この群れで観察された臨床症状と死亡の原因はアトラジンの毒性である可能性が高いことが示唆されます。


Atrazine intoxication in cattle, confirmed by gas chromatography–mass spectrometry - PMC



安倍・トランプ。とうもろこし

安倍