肉中のラクトパミン検出 ダウン症 喘息薬

ラクトパミン

ラクトパミンは当初喘息の治療薬として開発されました

ラクトパミンは当初喘息の治療薬として開発されましたが、消費者レポートによると承認されませんでした。その後の研究で、屠殺前に動物の飼料にラクトパミンを添加すると、肉の赤身や重量が増加する可能性があることが明らかになりました。しかし、ラクトパミンは現在、ロシアやすべての欧州連合諸国を含む 160 か国以上で禁止または制限されています。


ラクトパミンは、ベータアゴニストと呼ばれる薬物のクラスに属します。これらの薬物はアドレナリンの効果を模倣し、投与期間中に筋肉組織でのタンパク質合成を増加させます。ベータアゴニストの治療的使用の長期的な影響を見ると、副作用には心拍数の上昇、血管の拡張、骨格筋の震え、神経過敏、代謝障害、高血糖、血中カリウムの正常値以下などがあります。このため、欧州では、EU 理事会指令 96/22/EC に従い、すべてのベータアゴニストが家畜への使用および運動能力の向上を目的とした使用が禁止されています。


米国農務省( USDA) は、家畜や牛肉、豚肉製品を生産する企業向けに「ベータ作動薬未投与」プログラムを提供しています。ベータ作動薬残留物のない動物から採取された肉であるというマーケティング上の主張の検証を要求する顧客に豚肉や牛肉を供給する企業は、このプログラムの要件を満たす必要があります。


診断業界で 35 年以上の経験を持つRandox Food Diagnostics は、最高品質の製品、カスタマー サービス、技術サポートを提供し、世界中の顧客のニーズに応えています。そのため、当社の熱心な研究開発チームは、ラクトパミン残留物を検出するための USDA 認定 ELISA キットを開発しました。優れた検出限界を備えた当社の正確で信頼性の高いラクトパミン テストは、尿や組織サンプルに適用できます。


規制への準拠を確実にするために、Randox Food Diagnostics は成長促進剤マルチマトリックスアレイも提供しています。当社の特許取得済みバイオチップアレイ技術を活用した成長促進剤マルチマトリックスアレイは、ラクトパミンを含む肉に含まれる複数の成長促進剤を検出します。
Ractopamine Detection in Meat – Randox Food


ラクトパミンの安全性については深刻な疑問がある。ラクトパミンは喘息治療用に開発されたベータアゴニストという種類の薬剤に属し、成長率を高めることが示されて初めて動物用に改良された。


米国食品医薬品局 (FDA) は、たった 1 回のヒト健康調査 (若くて健康な男性 6 名の評価) の後でラクトパミンを豚に使用することを承認した。この調査では、そのうちの 1 名が心臓が異常に速く鼓動し始めたため、試験を中止した。3 年後、FDA はラクトパミンのスポンサーに 14 ページの手紙を送り、この薬剤の「動物に対する有害な薬剤の使用経験」と「安全性と有効性」に関する情報を隠していると非難した。その後まもなく、FDA は薬剤製造業者に次の警告ラベルを付けることを義務付けた。「ラクトパミンは、販売中に負傷した豚や疲労した豚の数を増やす可能性があります。豚の繁殖には使用しないでください。」
Memo to Congress: Protect Public Health, Not Toxic Chemicals | Live Science


FDA は、ラクトパミンが豚に報告された約 25 万件の有害事象 (これらの豚の半数以上が病気になったか、殺された) と関連していると主張している。

医薬品よりも多い。これらの豚は足が不自由になったり、立つことができなくなったり、震え始めたり、その他さまざまな病気にかかったりした。


特に、ラクトパミンは豚を衰弱させ、「ダウン症」にさせます。つまり、病気や怪我で歩けない状態になり、屠殺場に引きずり込まれることがよくあります。


豚の工場農場での HSUS の 調査 では、これらのダウン症の豚は、しばしばひどく残酷な方法で扱われていることがわかりました。豚肉業界は、ダウン症の豚の安楽死を求める私たちのあらゆる取り組みに激しく抵抗しています。おそらく、ダウン症の豚があまりにも多く、ラクトパミンの使用が日常的になっていることに気付いているからでしょう。


ラクトパミンをめぐる論争は、米国の豚肉産業のより広範な病理を物語っている。豚肉産業は危険な薬物の使用に固執し、他国や米国の消費者が自国の豚肉を欲しがらないと文句を言う。彼らは、自分たちが一番よく知っているというある種の期待を抱いており、何も知らない子供たちに皿の上のものを何でも食べろと強要する親のように振舞っている。
Banned in 160 Nations, Why is Ractopamine in U.S. Pork? | Live Science


米畜牛の身体的異常、成長促進剤が原因か

タイソン・フーズはジルマックスを投与された動物の買い取りを停止した。写真は、同社の米ネブラスカにある食肉加工工場(2012年)
 米国の精肉工場に解体用に運ばれてくる畜牛の中に最近、異常な個体が増えている。歩き方がこわばっていたり、思うように動けなかったり、口から舌をだらりと垂らして、ただ寝そべっていたりする。中には、犬のように奇妙な格好で座り込んでいる牛もいる。
 畜産学の博士号を有し、家畜業界でコンサルタントを務めるテンプル・グランディン氏は「トラックから地面にかけられた板の上を牛がつま先立ちで歩くのを見たことがある」と話し、「走って地面に飛び降りるのが普通だ。悪い状態が普通になるようなことにはなってほしくない」と語った。
 牛の餌に関しては、ほとんど変化はなく、このような症状を引き起こす原因として家畜業界に携わるグランディン氏をはじめとする研究者が疑いを持ち始めているのが、つい最近広く使用されるようになった「β刺激薬」と呼ばれる体重増加剤との関係性だ。
ラクトパミン リポート第2弾


ラクトパミンを含まない豚の喜び



The Joy of Ractopamine-free Pigs


アメリカ牛肉の危険性 メディアが良く話題にするY牛 - ムラゴン ブログ 始め TOKYO!



肉中のラクトパミン検出 ダウン症・喘息の薬 | テレグラムニュース速報