アメリカ牛肉の危険性 メディアが良く話題にするY牛

牛

アメリカ産牛肉 Y牛食べたら危ない。国産のお肉は肥育ホルモン使用されていません。


肥育ホルモンとは何ですか?

肥育ホルモンとは、牛や豚などの肥育促進を目的に使用される動物用医薬品等です。 日本国内では、農林水産大臣による動物用医薬品としての承認はなく、また飼料添加物としても指定されていないため、使用されていません。


肥育ホルモン剤不使用のお肉
日本では天然型のホルモンであっても使用が禁止されていますが、外国ではホルモン剤の使用が認められている場合もあります。


ラクトパミン【Ractopamine】 の解説

牛や豚などの筋肉の成長を促進する動物用医薬品。家畜の体重増、赤身肉割合の向上、飼料の節減などを目的として、飼料に添加して使用される。米国・カナダ・メキシコ・オーストラリアなどでは広く使用されているが、人体に影響があるとしてEU・中国・台湾などでは使用を禁止し、輸入肉についても厳しく規制している。日本では、国内での使用を認めていないが、輸入肉については残留基準値を設定して対応している。


ラクトパミン(Ractopamine)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書


ラクトパミンは、いくつかの国で養殖動物の痩せを促進し、食物変換効率を高めるために使用されているが、他の国では禁止されている動物飼料添加物である。薬理学的には、フェノールベースのTAAR1作動薬およびβアドレナリン受容体作動薬であり、 β 1およびβ 2アドレナリン受容体を刺激する。  動物には、ラクトパミン塩酸塩として最も一般的に投与される。米国では豚用のPaylean、牛用のOptaflexx、七面鳥用のTopmax として販売されている製品の有効成分である。 旧イーライリリー・アンド・カンパニーの一部門であるエランコ・アニマル・ヘルス社によって開発されました。


2014年現在、ラクトパミンの使用は160か国で禁止されており、欧州連合、中国、ロシアを含むが、日本、米国、韓国、ニュージーランドなど27か国ではラクトパミンを与えられた家畜の肉は人間の食用に安全であるとみなしている。


市販のラクトパミンは、4つの立体異性体すべての混合物です。また、関連薬である ドブタミンの位置異性体でもあります。


作用機序
食品添加物として使用される場合、飼料に添加されたラクトパミンは血液によって筋肉組織に分布することができ、そこでマウス(マウスまたはラット)TAAR1(受容体タンパク質(必ずしもヒトではない))の完全アゴニストとして機能します。 また、βアドレナリン受容体のアゴニストでもあります。次に、タンパク質合成 を増加させる一連のイベントが開始され、筋肉繊維のサイズが増加します。ラクトパミンは、肥育豚の体重増加率を高め、飼料効率を改善し、枝肉の赤身を増やすことが知られています。肥育豚に使用すると、1頭あたり約3 kg(6.6ポンド)の追加赤身豚肉が得られ、飼料効率が10%向上します。牛では、2004年1月28日にElanco Animal HealthがOptaflexxを米国で市販しました。 Optaflexxは「去勢牛または市場用の雌牛(繁殖用の雌牛または雄牛ではない)の最後の28~42日間にのみ使用するようラベル付けされた薬用飼料添加物」です。


Ractopamine - Wikipedia


安い輸入牛肉の裏側と危険性


外国産の牛肉の生産コストを抑えられる要因の1つとして、アメリカやカナダの牛は、育て始めのときに肥育ホルモンを投与し、短い期間で体を大きくするケースが多いことが挙げられる。 アメリカの99%の肉牛が肥育ホルモンを投与されているとの報告もある。


ラクトパミンの食用動物への使用は160か国以上で禁止されている


米国産牛肉は大変危険です 。

狂牛病問題等で米国産の牛肉の問題が以前上がっていましたが、今はどうでしょう。実は、米国産の牛肉により病気が引き起こされ、あなたの寿命を縮めています。米国産牛肉を食べるのは止めましょう。 まずは、これを読んで下さい。 「まだ、肉を食べているのですか」 ハワード・E・ライマン&グレン・マーザー著より、抜粋されたものです。 「うちは4代続いた酪農家だ。私は長年カウボーイとして、牧場で汗と埃にまみれて働いてきた。モンタナの農場に育ち、20年も牛飼いをやってきた。どうすれば牛が育つかを体で覚えた。 だから当然、この国で肉がどうやって生産されているかもよく知っている。もちろん私も多くの人たちと同じように、これまでに牛ステーキをたらふく食べてきたものだ。だが、あなたの目の前のステーキに、いったい何が紛れ込んでいるか、それを食べたらどうなるかを知ったら、あなたは間違いなく、私と同じように ベジタリアンになるだろう。」と話しています。


さらにひどい病気に罹った動物や癌になった動物、腐りかけた死体などのすべてが攪拌機に投げ込まれる。農場で死んだ家畜以外にも、動物保護施設で安楽死させたペットたちが、毎年600万から700万頭もの犬や猫たちが攪拌機に投げ込まれ、牛のえさになっている。 もしあなたがアメリカ人で肉食主義者(ミート・イーター)であれば、次のことを知る権利がある。それは、あなたが食べたほとんどの牛に共通する真実で、つまりあなたが食べている牛も「肉を食べている」ということだ。牛が屠殺されると、その重量の半分は食用にはならない。つまり腸や内容物、頭部、ひづめ、そして角などで、骨や血も「食べられない」。そこでこれらは、「レンダリング・プラント」(動物性脂肪精製工場)というところに運ばれる。そして巨大攪拌機 (かくはんき)に投げ込まれる。ついでに言うと、「病気で死んだ牛は丸ごと放り込まれる」。 さらに、動物の死体だけでなく、牛たちは糞便を食べているのである。 飼育業者たちは、糞便の処理をするためにエサに混ぜて食べさせるのが、一番効率的な「処理法」であることを知っている。 何しろ畜産業界全体で、毎年排泄される糞便の量はなんと160万トンにも達する。そしてその一部は家畜に「食わせる」ことで処分されてきたのだ。




【米国産牛肉は大変危険】 (1)米国産の肉に大量の抗生物質が入っている。 (2)かたい赤身、「霜降り」に変身 牛脂注入肉している。 (3)動物保護施設で安楽死させたペットたちが、毎年600万から700万頭もの犬や猫たちがここに運び込まれる。それらは、攪拌機に投げ込まれる。それらの残骸を再利用する。たんぱく質の原料などは、乾燥され、茶色の「肉骨粉」に加工されて、牛のえさになる。 (4)アーカンサス州の平均的な農場では、毎年50トン以上の鶏の糞便を牛にエサとして食べさせている。 その農民たちは「鶏の糞がなかったら、俺らの飼っている牛の半分は売るしかないさ。他のえさは高すぎて買えないんだ。」と言っている。 (5)家畜用穀物は、人間用に比べ、びっくりするほど高濃度の農薬残留が許可されている。アメリカで消費される農薬の約80%は、たった4つの穀物をターゲットにしており、それがとうもろこし、大豆、綿花、そして小麦だ。そして、遺伝子組み換えの植物がえさになる。 (6)農務省の調査でも、99%のブロイラーの死骸から、E型大腸菌が検出されている。さらにアメリカで消費されるチキンの約30%がサルモネラ菌に汚染されている。


結論:調査によりステーキ一枚(トランプサイズ)を毎日食べることで死亡リスクが13%高まるという。加工肉の場合は、ホットドッグ1本あるいは2枚のベーコンでリスクは20%高まります。私の意見は肉は時々食べるくらいにしましょう。ちなみに私は日本の牛肉も決して安全ない考え、家では安全な肉を食べる事が多いです。


以上、武蔵小杉徒歩2分の内科クリニック、一般内科、糖尿病内科の院長の 布施純郎のお話でした。


米国産牛肉は大変危険です 。 – 小杉中央クリニック KOSUGI CHUO CLINIC



米国産牛肉、「肥育ホルモン」の衝撃的な実態

日本人は「安い牛肉の現実」を知らなすぎる


肉、魚、野菜――。こうした食品は、われわれが毎日のように口にするものだ。しかし、その安全性について、われわれはどれだけ正確な知識を持っているだろうか。実は、業界では「常識」であっても、一般に知られていないことがあまりにも多い。今回、東洋経済オンラインでは、そうした「食のリアル」について、業界に通じた山本謙治氏に連載してもらう。第1回は、米国産牛に投与されている「肥育ホルモン」についての衝撃の事実。



「肥育ホルモン」の正体とは!?


米国産牛は早く成長するようにホルモン剤を大量に投与しています。

アメリカ牛肉


米国では抗生剤や成長ホルモンの
過剰な使用が問題になっています。


なぜ牛や豚に抗生物質が打たれているかと言うと、アメリカでは
大きな畜産工場では安いとうもろこしを原料としたエサを、生産コストを
下げるために大量に与えられています。


牛や豚は本来は草を食べる動物。
コーンを食べて病気にならないように抗生物質を与えて、
早く成長するようにホルモン剤をも投与しています。



男の子の乳房が膨らみ、幼い子に早すぎる初潮が起こる異常な事態!今日から外国産のお肉は控えたくなるかもしれません。


こども達がアメリカ産のお肉を食べ続けるとホルモンバランスが崩れ、男の子はおっぱいが出る。女の子は初潮が早く来てしまうと言われます。



初潮

また『食品中の化学物質と安全性 』の中で、1975年頃から1980年初めにかけて、プエルトリコで約3,000人の乳幼児が性的異常成熟が発生したことが記載されています。
牛肉などの畜産物の摂取を中止した結果、性的異常発育は治まりました。


台湾とかオーストラリアにはゲイがやたら多いです
何か食べ物やホルモンに関係しているとは思います

日本もそこまでは酷くはありませんが増えてはいますね


日本ではメディアがやたら牛丼の話をニュースに流しますよね


何故だかわかる気がしますね

ラクトパミンを含む肉の摂取は、アスパラギン合成酵素の誘導を通じて腫瘍の成長を促進する可能性がある。

豚や牛の肥育飼料に痩せを目的に添加されるβアドレナリン作動薬ラクトパミンに発がん性があるという証拠は今のところありません。しかし、発表された科学論文によると、ラクトパミンは転写因子5を活性化することでアスパラギン合成酵素(ASNS)の発現を刺激し、豚の骨格筋のストレス反応に関与する他の多くの遺伝子を刺激する能力があります。ASNSの過剰発現は、特にKRAS変異を伴う悪性疾患の発症中にアミノ酸反応や変性タンパク質反応の重要な役割を担っていることが検出されており、腫瘍の増殖、浸潤、転移に密接に関連していることがわかっているため、肉に含まれるラクトパミン残留物の摂取が癌患者に悪影響を及ぼす可能性があると仮定するのは合理的と思われます。



KRAS mutations, and found to be closely related to tumor proliferation, invasion and metastasis, it seems reasonable to hypothesize that intake of ractopamine residue in meat might bring negative effects to cancer patients.


アメリカ牛肉の危険性 メディアが良く話題にするY牛 | テレグラムニュース速報