不法滞在者、強制送還の実態 税金に集るコソドロニュース

「アバレルヨー」絶叫、放尿、脱糞も 不法滞在者、強制送還の実態 チャーター機代2億円超、メディアを使ったアホニュース

アバレルヨー

不法滞在の外国人を集団で強制送還するチャーター機代が8年間で2億円以上かかっていることが16日、出入国在留管理庁への取材で分かった。と始まった嘘ニュース


本来は自己負担が原則だが、送還を拒否している場合は国が負担せざるを得ず、暴れるなどした場合にはチャーター機を用意するという。不法滞在者は素早く祖国に帰すべきという意見は多いが、諸外国と海を隔てた島国日本では容易ではない。だからどうした?



費用は8年間の累
2億2500万円
にのぼり、個別に送還したケースも含めると10億円を超える。令和3年以降はコロナ禍などもあり集団送還は行われていないが、同年は送還された約4100人のうち
約1300人が国費
でその割合は高くなっている。ふ~ん良く考えたもんだな!


自分達が勝手に外人を日本へ呼び込んで置いて税金を使うアホ
しかも本当に送還されたのか使ったのかもわからない。
裏金議員が理由付けて盗んでいるのでは無いの?


ほら!裏金で税金払えないし
メディアを使って
なんとか嘘でも良いから稼がなきゃね!



島国である日本は移動手段として高額な航空機代が発生する
本人が拒否している場合は国費を使わざるを得ず、付き添いの入国警備官らの旅費も必要になる。あれやこれやと盗む理由


また、一般客も乗る民間機の場合、送還忌避者があえて暴れたり、暴言を吐くなどして機長判断で搭乗を拒否されるケースも多発。


法務省は平成25年度から同じ国同士の送還忌避者をチャーター機に乗せる集団送還を8年間で計8回実施した。


これまでにフィリピン、タイ、ベトナムなど6カ国の計339人が対象となったが、


埼玉県川口市などで住民との軋轢が表面化したクルド人が多く住むトルコやイランは含まれていない。


そりゃそうだよ!
過激派テロリストを大切にしなきゃね


令和4年末に送還忌避者として国内に残っている人は前年より約1千人増え、累計で4233人。
最多はトルコ国籍の約600人で、多くは💩クルド人とみられる。全体の9割以上は入管施設への収容を一時的に解かれた「仮放免」の立場で、半数程度は難民認定申請中という。



こいつらのニュースは全て嘘なんだな
証拠も見せない何だって言える



金の掛かる💩ニュースはこちら👇
【「移民」と日本人】「アバレルヨー」絶叫、放尿、脱糞も 不法滞在者、強制送還の実態 チャーター機代2億円超 - 産経ニュース