マスクのゴムで癌になる マスクのゴムとは

マスクゴム

不織布マスクの「秘密」大公開 - ムラゴン ブログ 始め TOKYO!
Daiso ダイソー 不織布マスク ポリプロピレン - ムラゴン ブログ 始め TOKYO!
不織布マスクの「秘密」更新 - ムラゴン ブログ 始め TOKYO!
身体にフィットするスパンデックス ムラゴン ブログ #前立腺がん - ムラゴン ブログ 始め TOKYO!

あなたのその マスク毎日付けて大丈夫?マスクのゴムはライクラ素材

トルコの医学雑誌は、マスクが、癌(基底細胞がん)を引き起こしている可能性があると警告している。


研究チームによれば、マスクの紐によって耳の後ろ側に外傷ができる。この外傷が癌になる
次々とマスクの害が明らかになる。


不織布マスクについては以前にも記事にしました。安全な不織布マスクは無い


不織布マスクはポリプロピレン使用
これをだけを調べてみても良いです。


また、コロナが出始めた頃に電気メーカーがマスクを製造しました
マスクが売り切れて不足になりシャープなどが作りましたよね
シャープは中国と関係しています


不織布マスクを良く調べましたがポリプロピレンは有害物質なんですね
だから変な臭いがします


残念なことに人は一度言っても良く調べないです
自分で調べて危険を理解をします


マスクのゴム紐には、何の素材を使用しているのか?

ドラッグストアに使い捨てマスクは販売されています
ドラッグストアには危険なものがたくさん溢れています
また、100円ショップにもマスクが販売されています
それも危険なのですが気が付かないのです


我々の生活の中に普通に馴染んでしまっているので危険だとは思わない


マスクのゴム
パンツのゴム
パジャマのゴム
昔から日本には存在します


ゴムで子供が反応子供に天然ゴム製の玩具で、唇やまぶたなど体の一部が腫れる症状


.アレルギーの可能性が考えられます


なぜアレルギーを引き起こすのか?
ゴムの素材に問題があるのでしょうか?



マスクのゴム紐にはライクラと言われる素材で作られている

マスクのゴム紐にはライクラと言われる素材です
ゴムは男性用下着のパンツのゴムやパジャマのゴムに同じ素材が使用されています


普段我々はこれまでマスクを毎日付ける習慣はありませんでした
ところがコロナが始まり、何年も毎日の様にマスクを付ける様になりました


ライクラとは農薬から作られています
代表的な物は【ナメクジ退治】の農薬
スラゴ

スラゴ


スラゴ成分:燐酸第二鉄水和物 ライクラ


ライクラは繊維として作られ伸びチジミに優れた特性を持ちます
毎日肌に触れると危険です


燐酸第二鉄水和物


マスクのゴムで癌になる マスクのゴムとは | テレグラムニュース速報


【コメント】
★youさん、この症状は飲食店店主さん、宿泊施設等の料理長に伝えたいですね。真面目に取り組んでいる方ほど悪化しそうで心配です。
★枠でなくても、ここは脳の毒が排毒のため下半身にゆく道筋、経脈。
★マスクのひもで接触がある。僕もワクチン7回で、似たあざがあります。心配です
★マイクロプラスチックを吸いまくるのは確実ですし、ね。健康に悪いことばかり😡
★やれやれ、耳が痛いだけじゃあないんですね。風邪で症状が出るのを怖がって、こんなことになるなんて・・・・早く気付いてほしい🧐
★バンド えいど にも施し(発がん性物質)がされているという海外のSNS投稿を見たことがありますマスクの紐にも何か”施し”されているのかも知れないですね仕掛けていることが周到すぎて恐ろしくなります
★マスクの紐で血流が阻害されるから、癌化するのでしょうかね?
★その理論だとマスクに限らなさそうですが…。
★ゲーッ
★擦れて癌になるならパンツのゴムでもなりそうだけど。マスクの素材も関係あるのかしら?



ライクラ・スパンデックス・ポリウレタン全て同じ素材で元はリチウムイオンで放射性物質です。


マスクのゴムが?と思いますが是非調べてみてくださいね


ドイツのデュポン社が開発をして中国に渡り日本の東レが繊維を作っています。
デュポン社は農薬を作り従業員に防護服も与えられず仕事をさせ
従業員は流産や癌になり裁判となりました。


化学調味料は味の素で有名です。化学繊維は東レです。東レとデュポン社は繋がりを持ちます。
あったか衣類・冷感下着・抗菌消臭など全て癌になる可能性のある繊維。


安全な衣類は化学繊維を使用しない綿100をお勧めします。



「どれほど危険か知らなかった」化学大手デュポンの元従業員が責任を訴える


オランダのライクラ工場の元労働者数十人が、組合の支援を得て、化学産業大手デュポン社と闘っている。彼らは、溶剤にさらされたことで多数の流産、子宮摘出、死産、ガンが起きたとして、デュポン社に責任があると主張している。


ドルドレヒト(ロッテルダムの南20キロ)にあるデュポン社のライクラ工場は、すでになくなって久しい。1964年にライクラ繊維の生産を開始したが、2004年に売却され、2006年に閉鎖された。数十年にわたり、危険な生殖毒性溶剤であるジメチルアセトアミド(DMA)にさらされてきた女性労働者が、数々の問題を抱えたまま立ち去った。この液体溶剤は、スポーツウェアや水着、また下着にも使用される伸縮性のある糸、ライクラなどの合成繊維の製造に使用されていた。


この揮発性溶剤は、接触または呼吸によって容易に吸収されます。生殖年齢の男女両方に及ぼす有害な影響は、1970 年代にすでに知られていました。また、1980 年代のデュポン社のマニュアルにも記載されており、特定の保護具の必要性も示されていました。ライクラ工場で働いていた女性たちは、一般的にそのような保護具を身につけておらず、流産や死産、不妊や子宮頸がんに悩まされていました。当時は関連性は確認されていませんでした。「どうして知ることができたのでしょう」と、これらの女性たちは今日語っています (囲み参照)。「デュポンは良い会社のようでした。安全を真剣に考えていたようですし、給与も高く、ドルドレヒトはこの地域にこの規模の米国企業があることを喜んでいました。」


それは偶然だけではありえない


アムステルダム自由大学の環境化学および毒物学の講師であるヤコブ・デ・ブール氏は、この関連性を誰も証明しなかったとは考えられないと考えている。彼は疫学者のマリーケ・デ・コック氏と共同で、DMA への曝露と、これらの元労働者とその子供たちが患った生殖能力および妊娠の問題との関連性を研究するつもりである。この研究には 2 年かかる可能性があるが、ヤコブ・デ・ブール氏によると、関連性自体は疑う余地がない。「保護されていない環境で DMA を扱う作業中に、これほど多くの女性が同様の症状を訴えたという事実は、単なる偶然ではあり得ない」と彼は述べている。


1970 年代の動物実験で、この溶剤は胎児と生殖器官に有害 (胎児毒性および催奇形性) であることがすでに判明しており、したがって生殖年齢の人々が曝露すべきではない物質です。しかし、欧州化学物質庁は 2014 年まで DMA を深刻な懸念物質として正式に分類しませんでした。


ジェイコブ・デ・ブールは恐怖を覚える。1986 年の会社のビデオが示すように、従業員は一般に防護具なしでライクラ工場で働いていた。「DMA は 40% が皮膚接触で、60% が吸入で吸収されることが分かっていた。これらの人々はスーツも顔面保護具も着用していなかった。彼らはライクラ糸のリールから放出される煙に直接さらされていた。定期的な健康診断は見せかけに過ぎなかった。そして当局による監視がまったく行われていなかったことは悪名高かった。」


不十分な監視


オランダの毒物学者は、デュポン社のテフロン工場で使用され、労働者や地元住民が暴露した発がん性物質 C8 (パーフルオロオクタン酸) の例を挙げている。この物質とこの地域のがん発生率の高さとの関連は、最近になってようやく明らかになった。「当局は化学産業をもっと厳しく監視し、すべての有害物質をより適切に特定すべきです。化学業界は創造的です。ある物質が懸念材料とみなされると、代替品を市場に出すためにその構造をわずかに変更しますが、それでも健康に同じ危険をもたらします。これは儲かるビジネスです。私たちの前に何が待ち受けているのか想像もつきません。」


オランダの社会問題大臣は、デュポン社の有毒物質への曝露に関する行動について「徹底的な調査」を求めている。大臣直属の社会問題・労働監督局(Inspectie Sociale Zaken en Werkgelegenheid、SZW)などの監視・監視機関の役割も調査される。そのため、監督局は自ら調査を行う。これについて質問されると、監督局は歴史的側面には関心がなく、むしろ現行の規制に従って化学産業の管理を確実にすることに関心があると述べた。「今日私たちが持っている知識があれば、当時は禁止されていなかったかもしれない事柄を説明することができます。しかし、それは私たちの役割ではありません。調査結果が出るまでは、デュポン社についてコメントしたくありません」と彼らは言うだけである。デュポン社は、ライクラ工場で記録されたDMAレベルは危険とはみなされず、同社は入手可能な情報に従って責任を持って行動したという文書による声明に固執している。


重大な過失


デュポン社のライクラ工場の元従業員数十人が名乗り出て、オランダ労働省職業病局(BBZ)に自らの身元を明かした。マリアン・シャープマン氏が運営するこの局の目的は、職業病に苦しんでいる組合員や職場で事故に遭った組合員が会社に責任を負わせて補償金を獲得できるよう支援することだ。夏にはBBZが集団で元工場労働者に対するデュポン社の責任を主張し、訴訟の時効を延期する効果があった。シャープマン氏もこの事件の規模に衝撃を受けている。「一般的に言えば、有害物質が問題であると特定されない場合、それは重大な過失の問題です。企業は発がん性、変異原性、生殖毒性物質(CMR)を登録することが義務付けられていますが、オランダで実際に登録している企業はわずか13%です。」


BBZ は、インタビューやその他の情報源に基づいて、ライクラ工場で現在行われていた労働条件を遡及的に判断します。ジェイコブ・デ・ブールの協力を得て、DMA への曝露と被った健康問題との因果関係を、元労働者の医療記録に基づいて証明します。「私たちは確固たる証拠を持っていますが、さらなる証拠でそれを完成させる必要があります」とマリアン・シャープマンは述べています。「DMA への曝露の結果は、流産、死産、出血、卵巣機能障害など、文献に明確に記述されています。これらの女性から収集した証言は、数々の苦しみを物語っています。当時、彼女たちはそれについて話すことができませんでした。デュポンは男性が支配する世界でした。その上、彼女たちは自分たちが曝露されているリスクについてまったく知りませんでした。」


巻き添え被害


マリアン・シャープマン氏によると、彼女の依頼人の最大の目的は、被った損害に対する補償を得ることではなく、事実を認めることです。そして、さらなる予防に貢献することです。「デュポン社が責任を認めれば、それはデュポン社の名誉となるでしょう。彼らがリスクを過小評価していた可能性も否定できません。私たちは訴訟を長引かせたいわけではありません。『DES チルドレン』(流産を防ぐためにジエチルスチルベストロールを服用し、健康上の問題を抱えて生まれた母親の子供、編集者注)やアスベストの被害者の場合のように、基金を設立することは可能です。これらの女性とその子供には、何が起こったのかを正確に知る権利があります。」


BBZ での 15 年間の経験から、企業は従業員の職業上の健康に関して盲点を抱えていることが多いことが分かりました。「これは見落とされがちな側面です。従業員は最後になります。彼らの病気は巻き添え被害とみなされます。」•


労働組合から

https://www.etui.org/topics/health-safety-working-conditions/hesamag/labour-inspection-a-public-service-in-crisis/we-didn-t-know-how-dangerous-it-was-former-dupont-workers-invoke-the-responsibility-of-the-chemicals-giant