アイオワ州の鶏農場で鳥インフルエンザが発生

アイオワ州の鶏農場で鳥インフルエンザが発生、農家は420万羽の鶏を殺処分せざるを得ず

アイオワ鳥インフルエンザ


アイオワ州デモイン(AP通信) — アイオワ州は火曜日、大規模な鶏舎で高病原性の鳥インフルエンザが検出されたため、同州で400万羽以上の鶏を殺処分する必要があると発表した。
アイオワ州スー郡の農場でこの病気が発見された後、作業員らは420万羽の鶏を殺処分する作業を進めている。これは、数年にわたる流行の最新の事例であり、現在では乳牛にも影響を及ぼしている。先週、ミネソタ州ミネアポリス西部の卵農場でこのウイルスが確認され、約140万羽の鶏が殺処分された。
米農務省によると、2022年に流行が始まって以来、合計9,234万羽の鳥が殺されている


鳥インフルエンザは家禽の間ではやや一般的になってきたが、牛への感染拡大によりこの病気に対する懸念が高まっている。5月には2人目の酪農場労働者が鳥インフルエンザと診断され、牛肉と牛乳の両方からウイルスが検出された。このウイルスは9つの州の乳牛農場で確認されている。


アイオワ州鶏農場 鳥インフルエンザ発生 農家は420万羽の鶏を殺処分 | テレグラムニュース速報