デンマーク政府は独自の調査を実施 ビルゲイツのワクチン

デンマーク

RFK Jr: 2016年、ビル・ゲイツはデンマーク政府にDTPワクチンを売り込もうとしました。

デンマーク政府は独自の調査を実施した結果、ゲイツのワクチンは、接種を受けた子どもを死亡させる可能性が、接種を受けていない子どもよりも10倍高いことを発見しました。


ビル・ゲイツはデンマーク政府にDTPワクチンを売り込もうとしました。 | テレグラムニュース速報