あなたが知らないSDGs の栄養政策

誰一人取り残さない日本の栄養政策~持続可能な社会の実現のために~ SDGs

栄養政策



【誰一人取り残さない】【持続可能】


この二つのキーワードを調べるとSDGsの正体が分かるのです。


実は、この目標は特に新しい目標では無いのです


昔からあるので調べると昔の動画や育児の資料などには、やたらこのキーワードが出てきます。


普段我々が気にも留めないので気が付かないだけです。


意識して行くと徐々にこの - SDGsが奴隷制度である、と気が付く時が来ます。つまりこれは、今で言う上級国民だけの管理社会を彼らは作り上げているのです。


その証拠にスーパーシティー法案は、スピーディーに決まってしまいました。
これがニューワールドオーダー新世界秩序(New World Order)であります。
中国共産党の凄まじい計画です。



【自分を守る手段の考え方】


最初は疑ってしまいますが、それで良いと思います。一番良い方法はプラスとマイナスを両方を受け入れる。そしてプラスマイナスどちらだか分からない。この3つを受け入れて比べてみる。


判断の最終決定は自分判断です。それで良いのです。


マイナス情報を何も知らずに自分が信用した物だけを受け入れてしまうと思わぬ落とし穴に落とされてしまうのでマイナス情報もプラスとして受け入れる事で、無知から解放されるのです。




カナダ政府は「持続可能な食糧生産を支援するために」昆虫生産施設に850万ドルを投資 - SDGs



目が点




2022 年 6 月 27 日、農業と農業食品カナダは、連邦政府がオンタリオ州ロンドンの昆虫生産施設に最大 850 万ドルを投資すると発表しました。
政府は、Aspire への 850 万ドルの投資は、「クリケット プロテインを生産するための商業施設の建設を支援するため」であると述べました。


政府は、彼らが投資先の会社を選んだ理由として、「世界的な食糧不足に取り組むというアスパイアの目標が、環境フットプリントの少ない栄養価の高い食品を大量に提供できる食用昆虫の生産に焦点を当てた」と述べた。


政府によると、この資金は Aspire が「最新のスマート テクノロジーを使用して、オンタリオ州ロンドンの施設でコオロギの理想的な生育条件を作り出し」、「同社が一度に数十億匹のコオロギを監視して生育できるようにするために使用されます。プレミアム健康食品やペット市場向けの栄養豊富なタンパク質です。」


政府は、この技術により同社は生産コストを削減でき、国内および国際市場での市場性と売上が向上すると考えています。


政府は、「昆虫などの代替タンパク質源は、より少ない水、エネルギー、スペースを使用し、生産段階での温室効果ガス排出量を大幅に削減することにより、世界の食糧需要をより持続的に満たす機会を提供する」と述べています。


オンタリオ州ロンドンにあるこの施設は、40 億匹以上のコオロギを飼育し、年間最大 1,300 万キログラムの昆虫を生産すると予想されています。


これらの数が満たされれば、世界最大のクリケット専用処理施設の 1 つになると予想されます。


Aspire Mohammed Ashour の共同創設者はCBCに、コオロギは他のタンパク質源が必要とする食料、水、土地のほんの一部で、はるかに効率的にタンパク質を生産できると語った.


Ashour は、会社での彼の目標は、タンパク質を国際的に利用できるようにすることだと言います。


「私たちの長期的なビジョンは、世界中の多くの国で食料不安に真に対処するために、これが利用可能で手頃な価格のタンパク質源であることを確認することです.


「私たちは人口とタンパク質への欲求の両方で大幅な成長を遂げていますが、同時に、食糧を生産するための耕地と資源が大幅に減少しています」と彼は付け加えました.




そして出来た物は、ウジ虫バターで作られたケーキ - SDGs



Belgian researchers make a cake with butter made from bugs


あなたは虫を食べます:主要ブランドは静かにあなたの食べ物に昆虫を滑り込ませます - SDGs



静かに?



ソレ!コッソリだろーーー!



(╬◣д◢)!!




コオロギを含むスナックは、タンパク質源として昆虫を紹介する多数の新製品のほんの一部にすぎず、多くの特別な昆虫ブレンドは小さなフォントまたは成分ラベルに静かに追いやられています.




主要企業は、持続可能な地球への鍵の 1 つとして、人間に虫を食べさせることを求める世界経済フォーラムによって確立された目標を実行し、静かに食品に昆虫を追加しています。


日曜日に、肉食動物のダイエットの第一人者であるショーン・ベイカー博士は、チェダーチーズのパフの袋の写真をツイートしましたが、これらのスナック食品はコーンミールでできているのではなく、昆虫のタンパク質がぎっしり詰まっていました.







虫の加工食品はまだありますよ!注意するためにも覚えておいた方が良いです - SDGs



こっそりと - SDGsウジ虫やコウロギ粉・昆虫食は、日本にも入って来ますので注意が必要です


👇👇👇





マジ





すでに日本人は、ミドリムシを自慢げに食べている人が多い事実 - SDGs


体に良いと言って自慢しているほど洗脳させられて多くの女性は食べています
まるで宗教の信者の様に。


もうこれは10年以上も前からフェイスブックで始まってしまっています。
やはりフェイスブックは駄目です。元は中国共産党ですからね。


日本人は、お金を持って騙されやすいからターゲットになります。
👇👇👇






こちらの記事も宜しければどうぞ!
👇👇👇