コロナ“第7波”で「カロナール」 - 後藤厚労相

【速報】コロナ“第7波”で「カロナール」不足 後藤厚労相「増産求める。買い占め行わないよう周知」

アセトアミノフェン

厚生労働省

新型コロナウイルスの流行”第7波”に入り、全国で感染者が急増している影響で、解熱鎮痛剤の「カロナール」が不足していることについて、後藤厚生労働大臣は、きょうの閣議後の記者会見で、「製薬企業からの(カロナールの)供給が、なかなか厳しいと承知している」として、今後、できる限りの増産を求めていく考えを明らかにした。


厚生労働省おすすめの。カロナールちょっと調べてみましょうね。


厚生労働省が増産求めるなら、そのカロナールどんな物なのか気になります。
きっと凄い薬なのだと思います。


カロナールは、どんな物?Google先生教えて。



どうやら、解熱鎮痛薬「カロナール(アセトアミノフェン)」だそうです。


アセトアミノフェンとは何?Google先生教えて。




化学式とか出てきましたね。wiki。を読むと


一般用医薬品の感冒薬にも広く含有されるが、過剰服用に陥る事例も少なくない。
つまりこれは、中毒性があると言うことなのです。☠


西洋医学の薬は強く作用するので、中毒になるのです。


薬が効く。効かない。と認識を間違える事があります。

短時間で強く効く=早く楽になれる=良い薬=✖


たまーになら良いぐらいだと思えば良いです。中毒になりますからね。


飲み続けてしまうと、自然と効果は薄れ慣れてしまうのです。体が対応してしまうから中毒に陥ります。



西洋医学の薬と東洋医学の薬を上手に使い分ける事がベストだと思います。


漢方は確かに効果が表れるまで遅いですが、その分安全であると思います。


古代人は薬なんて無くても健康でいられたから現在でも生きている。
そうでしょ!


ジャングルに生活をしていた原住民、それこそ自然の恵み漢方です。


元は、そこから始まった西洋の薬です。生成して強くしたものです。


麻薬とかもありました。しかし原住民は使い方が違います。体に直接💉は打ちません


動物を仕留めるほどの身体能力を持っていたのです。


ちょっと話が脱線してしまいましたね。しかしこのぐらいの考え方は持たれた方が良いです


化学式・ アセトアミノフェン・C8H9NO2


アセトアミノフェンは、C8H9NO2です。
次は、これを調べます。



C8H9NO2



警告・飲み込むと有害⚠


ね!やっぱり。


こんな風に細かく分析をすると出てきてしまうのです。
これでも安全だと思う方は、どうぞご自由にカロナールを飲んでください。




以前にも記事にしました。オーストラリアの薬

簡単な見分け方


〇〇フェンと名前が付くと危険です。


怪しいと思って間違えありません。


fen




抗ガン剤治療に使う薬まで徹底的に調べています。


特許とかも見ていますよ!
誰が登録をして、その人物がどんな方なのか?までも。
医者ではありませんけど調べるのは自分を守る手段。



日本の薬売り


その昔、薬を売る商人が居ました。


現代は薬局がありますが、そんな物は無いですよね。


薬売りは、まったく薬が売れなくて生活が出来ないほど売れなかったのです。


それでも、仕事は無いので継続していました。



ある時、そうだ!


中毒になる薬を売れば継続して購入してもらえる。


ヒロポン

ヒロポン


日本の医者や薬のメーカーも本当はブラック!繋がっている


くすりの原価めっちゃ安くてぼろ儲け!
くすり漬けにすれば儲けられる。=💰お金持ち。
時には抗ガン剤治療=高額医療費=人の命までも!
🦆アヒルのアフラック


わかる?癌なんて無いの。



スターバックスのコーヒーもめっちゃぼろ儲け!
何あのロゴマーク。恥ずかしい。
みんな高い金払って良く行くね。何が入っているやら。


赤十字やFDAとかも信じてはいけません。もちろん厚生労働省も!


厚生労働省は中国共産党なのか?
怪しい奴らだ!!!



(¬_¬)